企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分
虎ノ門ヒルズ駅 徒歩7分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

外せない契約書チェックポイント

 それでは、契約書の内容でどんな点に注意すべきなのでしょうか。おおまかには、以下のポイントになります。

 解除条項

 契約を終わらせる場面として、解除がありますが、この解除の原因がきちんと規定されているか、どのような解除原因が規定されているのか等、しっかり確認すべきです。トラブルが生じるということは、その契約を終了させるべき場合もありますので、終了場面の規定は非常に重要になります。

 損害賠償条項

 トラブルの多くは金銭負担をどちらがするか、どの程度の金銭負担をするのかを巡る問題であることが多いでしょう。

 損害賠償を負う場合はどのような場合なのか、負うとしてもそれはいかなる範囲なのか、限定されているのか、無制限になっていないか等確認すべき事項がたくさんあります。

 管轄条項

 見落としがちな条項が、この管轄でしょう。多くの場合、東京か大阪など大都市の裁判所で合意しているか、当事者の本社所在地など、わかりやすい条項になっていると思います。

 遠方の裁判所を管轄としてしまうと、訴訟提起時に出頭などに際し多大なコストがかかることもあり、訴訟提起を躊躇したり、逆に応訴が困難になることもありますので注意しましょう。

 準拠法

 最近は、国際取引も多数発生しており、適用される法律がどこの国の法律なのか、しっかり確認しておきましょう。うっかり海外の法律になっていることを見落とすと、大事になりかねません。

お気軽にご相談ください

お電話でのご予約はこちら

03-6206-1078

受付時間:9:30~20:00(土日祝を除く)

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付