企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分
虎ノ門ヒルズ駅 徒歩7分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

ひな型から作るリスク

 契約書の「ひな型」なるものは、ネット上にも書籍でも、大量に出回っています。

 確かに、これらのひな型は、一定の事項は網羅しており、それなりに「契約書らしいモノ」としては機能している場合もあります。中には、非常に出来の良いものも散見されます。こんなことを盛り込むのか、という学習としては非常に有益でしょう。

 

 しかし、このひな型をそのまま持ち出し、会社名のみ変えて使用しているケースが意外と多いのです。これは、非常に危険なことで、ひな型の「そのまま流用」は、決してお勧めできません。

 ひな型は、あくまでも一般的な骨子のみを記載しており、目の前の取引に特有の事情や、契約当事者の特殊性、要望などは、まったく反映されていません。むしろその特殊性こそが、契約書に盛り込むべきポイントになるからです。

 求められているのは、「一般的な」契約書という名前の書面を用意していることではなく、当事者間での約束事を網羅した「本件に関する」契約書を作成することなのです。

お気軽にご相談ください

お電話でのご予約はこちら

03-6206-1078

受付時間:9:30~20:00(土日祝を除く)

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付