企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋2-17-2 HF虎ノ門ビルディング2階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩6分
内幸町関 徒歩6分
霞ヶ関駅 徒歩8分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-5425-7431

▶ メールでのお問合せはこちら

【働き方改革道半ば?】ホライズンメールマガジン▼第136号 2019/01/11

▼第136号 ホライズンメールマガジン

----------働き方改革道半ば?
2019/01/11
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

 

1.最新トピックオピニオン

2.今週のオススメ

3.Horizon労働問題フォーラムのお知らせ

4.近況報告

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 中小企業へのアンケート調査の結果、働き方改革関連法に基づく残業規制や有給休暇の取得義務化について、知らないと回答した企業が多数あったとの報道がなされている。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019010900857&g=eco

 

 「知らない」と回答した企業の割合は、時間外労働の上限規制で39.3%、年次有給休暇の取得義務化で24.3%に上ったという。

 

 これだけ様々な報道がなされている中でも、いまだに、うちの会社には残業代や有休なんてものはない、と言い切ってしまう企業経営者は少なくない。そういう意味ではこのアンケート結果はある程度納得できる部分がある。

 ただ、今回の法改正では有休の取得や時間外労働については違反した場合には刑事罰の対象になってくる。

 正確に理解し、対応を行っていくことは必須である。

 

 もっとも、逆に言えば最近の人手不足の中で、人材確保に困っている企業も多いが、労働法規制を守った企業であることだけでも働きやすい会社であることをアピールする材料にはなり得る。

 企業の実情を踏まえて、うまく法律にマッチさせた職場のルールを作っていくことが重要であろう。

 

 ということを考えていたら、人気ドラマ下町ロケットの舞台になっている佃製作所はブラック企業、という記事を目にした。

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1901/08/news043.html

 

 これまでいろいろな事件を見てきた立場からすると、やりがいをアピールする経営というのは確かにうまくいくこともあるし、中小企業などでは社長の魅力などで会社を引っ張っている会社も多い。ただ、なにかのきっかけで従業員の心が離れたときにはまさに倍返しの感じで、残業代などのトラブルが噴出する傾向があるように思われる。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週のオススメ

 当事務所では毎週水曜日に「ホライズンのオススメ!」を更新しています。

 

【ホライズンのオススメ! №143】おじさまと猫
 >>> http://www.horizon-law.jp/news/ojisama-to-neko/

 今回は荒井弁護士のオススメ漫画「おじさまと猫」です。主人公の猫(ふくまる)とおじさまの心温まるお話です。ぜひ皆様も癒されてください。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. Horizon労働問題フォーラムのお知らせ

 事務所では『Horizon労働問題フォーラム』として、不定期のセミナーと定期的な勉強会を開催しています。ぜひご参加ください。

━━━━━━━━━━━
■ 労働問題セミナー
━━━━━━━━━━━
◆日時:2月20日(水)16時~19時
◆テーマ
第1部「精神疾患のケースで労災が主張された場合の企業対応」(講師 荒井里佳)
第2部「トラブル類型別!解雇事案での証拠確保の絶対ルール」(講師 高井重憲)

詳細・お申込みはこちら
>>> https://www.door-kigyouhoumu.net/seminar/20190220

━━━━━━━━━━━
■ 労働問題勉強会2019
━━━━━━━━━━━
※すでに満席の勉強会もございます。ご希望の方はお早めにお申込みください。

◆平成最後の最新労働判例(講師:坂東利国・田島直明)
(社会保険労務士向け) 2019年1月18日(金)、2月8日(金)
(企業向け) 2019年1月23日(水)

◆年次有給休暇(講師:高井重憲)
(社会保険労務士向け) 2019年3月20日(水)、4月19日(金)
(企業向け) 2019年3月6日(水)

◆従業員の不祥事対応(講師:荒井里佳)
(社会保険労務士向け) 2019年5月9日(木)、6月27日(木)
(企業向け) 2019年5月29日(水)

 

詳細・お申込みは以下のURLからお願いいたします。
◎社会保険労務士向け勉強会
https://www.door-kigyouhoumu.net/seminar/sr

◎企業向け勉強会
https://www.door-kigyouhoumu.net/seminar/kigyo

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

4. 近況報告

 あけましておめでとうございます、弁護士の高井です。
 当事務所も1月から新たに田代弁護士が加入し、弁護士が6名となりました。ご挨拶させていただく機会もあるかと思いますのでぜひよろしく御指導のほどよろしくお願いいたします。

 さて、私はといいますと、年末年始は特にどこかにいくわけでもなく、都内で過ごしていたのですが、ふっと買い物にでたときに目について思わず買ってしまったのが二つの福袋。最近のことばではハッピーバッグというやつです。

 コーヒー好きの私としてはたまらない、タリーズの1万円のものを買い、さらになぜか調子に乗ってケンタッキーフライドチキンのものも買ってしまいましたw

 まぁ最近のものは中味がわかっているので安心して買えるというのはありがたいことですね。とりあえず堪能したいと思いますw

 

 さて、前回告知させていただきました2月20日の当事務所主催のセミナーですが、すでに多くの方にお申し込みいただいております。

 解雇するときにどうやって証拠を集めたらいいの?というなかなか変わった切り口の講座を担当させていただきます。

 1月末までにお申し込みいただくと受講料が1000円割引になるというシステムも導入してみましたwぜひお早めにお申し込みいただければと思います。


詳細とお申込はこちらから
>>> https://www.door-kigyouhoumu.net/seminar/20190220
というわけで、今回はこのあたりで。本年もよろしくお願いいたします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-5425-7431

平日9:30~20:00まで受付