企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【転職サイトへの悪意ある書き込みにどう対応するか?
】ホライズンメールマガジン▼第070号 2017/08/25

▼第070号 ホライズンメールマガジン

----------転職サイトへの悪意ある書き込みにどう対応するか?
2017/08/25
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

1.最新トピックオピニオン

2.今週の更新情報

3.近況報告


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 転職サイトの口コミ欄に、「社長はワンマン」「管理職に管理能力はない」等と投稿されたことに対し、インターネットプロバイダーに対して投稿者名の開示を求めた訴訟で、開示を命じる判決が言い渡された。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170822-OYT1T50148.html

 

 人手不足に悩む企業が多い中、このような口コミが書かれてしまうことは会社からしてみれば非常にやっかいな問題である。例えば、食べログのようなサイトであれば、相当な数の投稿が見込めるために悪意のある書き込みの意味も薄まるが、転職サイトに書き込む人は母集団が限られるため、非常にダメージが大きい。

 だからこそ、会社としても訴訟まで含めた強い対応を行っているのだと考えられるが、法律的に見るとかなりやっかいな問題をはらんでいる。

 

 まず、当然ながら匿名の投稿である以上、書き込まれた立場からは誰が書き込んだのかはわからない。本当に従業員なのか、それとも従業員を装った第三者による嫌がらせなのかもわからないのである。

 そのため、法律に則って書き込んだ人物の特定を行う必要があるが、ここでもやっかいな問題がある。

 発信者情報の開示についてはプロバイダー責任制限法という法律で規定されているが、開示の要件として、権利侵害が明らかであることが要求されている点である。

 

 つまり、今回のケースでは名誉毀損であることが明らかといえるかが問題となるわけであるが、報道によれば、今回書き込まれた内容は社長がワンマン、管理能力がない、といった抽象的な意見だけだったようである。これだけだとすると、具体的な事実について示されているわけでもなく、名誉毀損には該当しないと評価されてしまう可能性が相当程度ある点である。

 

 当然ながらこのような書き込み自体がネガティブな印象を与えるものではあるが、だからといって直ちに名誉毀損になるわけではない。今回のケースでは、幸い名誉毀損の認定をしてもらえたようであるが、ネガティブな書き込みであっても開示が認められないケースは相当程度でてきてしまうことは覚悟しなければならない。そのため、結局は誰が書き込んだかもわからず、対応のしようがないといった事態にも陥りかねない。

 

 いずれにしても、実際にトラブルが起こった場合に、どのように対応していくかは慎重に検討する必要がある。シビアな案件では早めに専門家に相談するべきであろう。


※ LEGAL NEWS TOPICS(毎週月曜更新)
>>> http://www.horizon-law.jp/news/legal-news-topics-vol-075/
前の週の法律関連ニュースにコメントをつけてご紹介しています!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週の更新情報

 当事務所が運営しているウェブサイトの更新情報です。


【1】人事労務(毎週火曜更新)
 『無断録音は証拠になるの?』
 >>> http://www.roumu-startline.net/topics/075

 パワハラやセクハラの証拠として秘密に録音された音声データが出されることがあります。そこで今回は、無断録音されたものが実際の裁判で証拠として認められるのか、パワハラ相談などで被害者から無断録音の音声データが出された場合、会社としてはどう取り扱うべきかなどを解説しています。


【2】ホライズンのオススメ!(毎週水曜日更新)
 『足クサ対策はミョウバン』
 >>> http://www.horizon-law.jp/news/myoban/

 暑い夏場に革靴なんか履いていると足の臭いがちょっと気になりますね。今回のオススメは坂東弁護士自作の足クサ対策パウダーです。


【3】企業法務(毎週木曜更新)
 『基準日後に株主になった人に総会への出席を認めて良いか?』
 >>> http://www.door-kigyouhoumu.net/topics/074

 基準日後に株主になった人については、株主総会への出席を拒否することができます。では逆に会社の判断で出席を認めることはできるのか、また認めた場合に生じる問題などについて解説しています。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. 近況報告

 先週は事務所全体でお休みをいただいておりましたが、休みが終わった途端猛暑が戻ってきて弱っている高井です。皆様いかがお過ごしでしょうか?

 私の方は、今週はなんと池袋にあるペンギンのいるバーに行ってきました!まさに店内にペンギンが飼われています。しかも餌やりタイムなどもあります。しかもペンギン仕様なので涼しい!

 という至れり尽くせりのお店なのですが、問題はおっさん2人で行ったというところでしょうか。店内はデートで来ているカップルばかりで、きゃーかわいい、などと言っているのを横目に、男2人でペンギンに餌やり。しかも友人も私ほどではないにしても割と良い体格。なかなかシュールでしたw

 というわけで今週はこのあたりで。今後ともよろしくお願いします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付