企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分
虎ノ門ヒルズ駅 徒歩7分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【企業内の不正調査】ホライズンメールマガジン▼第261号 2021/07/16

▼第261号 ホライズンメールマガジン

----------企業内の不正調査
2021/07/16

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

 

1.最新トピックオピニオン

2.今週のオススメ

3.近況報告

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 三菱電機が、不正行為を自ら申告した場合は懲戒処分の対象外とするとして、不正行為を申し出るよう呼びかけた、との報道がなされている。

https://nordot.app/787999841643069440?c=302675738515047521

 

 鉄道車両向け機器の検査不正問題を巡って調査を徹底したいということでこのような表明となった。

 

 他の企業でも、事案によってはこのような手法を取り入れたい、と考えられるケースもあるように思える。

 ただ、これは、自発的に申告をした場合には処分をしない、ということで、いわば司法取引のような色彩を帯びる。

 事実の申告に伴う不利益を軽減することで申告を促すものであるから、一定の効果は見込める。

 

 ただ、企業という一つのコミュニティーの中での問題なので、実際に重大な不正行為が発覚した場合に、処分をしない、ということが可能かは慎重に検討する必要があるだろう。

 

 また、このような手法の場合、どうしても引っ張り込みの危険がつきまとう点は注意しなければならない。

 例えば、Aが不正行為を行っていた場合に、自分の罪を免れようとして、Bに唆されて一緒にやってしまった、と無関係のBを巻き込もうとしたり、AとBが共犯関係にあるような場合に、AがBを首謀者に仕立て上げて自分の責任を軽減しようとしたりする危険である。

 場合によってはかえって真相がわかりにくくなる危険性もあることは否定しがたいところである。

 

 不正の調査という点としては、いろいろな観点から検証が求められるところである。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週のオススメ

 当事務所では毎週水曜日に「ホライズンのオススメ!」を更新しています。

【ホライズンのオススメ! №269】福谷投手のnote記事
 >>> http://www.horizon-law.jp/news/fukutani-note/

 今回は田代弁護士のオススメ、中日ドラゴンズ福谷浩司投手のnote記事です。試合内容だけでなく練習での取組みやその理由などを福谷投手自身が綴っており、なかなか興味深い内容です。ドラゴンズファンでなくとも野球好きの方にはオススメです。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. 近況報告

 IOC会長のどうにも空気の読めない発言が気になって仕方ない今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?弁護士の高井です。

 さて、なにかと話題のコロナワクチン。弁護士会が職域接種でもしてくれればいいのに、とブツブツいっておりましたが、ようやく自治体の予約ができるようになりました。

 うーん、枠減ってるみたいだし予約できるのか?と心配でしたが、なんとか予約できました。

 8月中には2回目の接種も終わる見込みです。

 と、ここまで聞いて、いや、どーみてもBMI30以上なんだから優先接種出来たんじゃないの?と思われた方!そのとーりです。ただ、優先接種の申込終わっちゃってたんですよね。。。あんまり情報積極的に取り入ってなかったせいもあるんですが、自分から取りに行かないと入ってこない情報っていまいちな気がします・・・

 

 というわけで、無理矢理にも情報をねじ込んでいきたいと思いますが、一昨日お送りしたメルマガでお知らせしてた当事務所の10周年記念セミナー、おかげさまで早くも40人以上のお申込をいただいています。ありがとうございます。

 一応定員99人までいけるシステムなので大丈夫だとは思いますが、念のため早めのお申込をお願いします。

 日程や内容、お申込はこちらからお願いします
https://www.door-kigyouhoumu.net/seminar/online_2021

 というわけで今週はこのあたりで。
 今後ともよろしくお願いします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付