企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【川柳で見る世代間ギャップ】ホライズンメールマガジン▼第154号 2019/05/24

▼第154号 ホライズンメールマガジン

----------川柳で見る世代間ギャップ

2019/05/24
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

 

1.最新トピックオピニオン

2.今週のオススメ

3.Horizon労働問題フォーラムのお知らせ

4.近況報告

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 第一生命がサラリーマン川柳のベスト10を発表した。

 新聞等でも取り上げられているが、このオリコンの記事が年代別のベスト3なども載っていてなかなか詳しい。

https://www.oricon.co.jp/news/2135984/full/

 興味深いのは、40代・50代のベスト3の1位と60歳以上の3位に入っている川柳。

 

 「ノー残業 趣味なし金なし 居場所なし」

 

 最近の働き方改革の流れの中で、残業を禁止されてはみたものの・・・という会社員の悲哀を表しているというのはよくわかる。

 ただ、こういう感覚が管理職世代に広く共感を得ているところに、会社が働き方改革に取り組む姿勢の難しさを感じる。

 早く帰ってもなぁ・・・という感覚を強く持っているのだとすれば、就業時間中のパフォーマンスもあがって来ないだろう。

 

 逆に、20代、30代がこの川柳をどう感じるのかも興味深いところである。

 ベスト3には入っていないが、どのくらいの得票を得たのだろうか?
いろいろな会社の話を聞いていると、むしろ早く帰りたいという希望を持っている社員が圧倒的に多い、という話も聞こえてくる。

管理職と若手社員との間の認識のすれ違いがかなり感じられた報道だった。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週のオススメ

 当事務所では毎週水曜日に「ホライズンのオススメ!」を更新しています。


【ホライズンのオススメ! №161】 ペコちゃんプロテイン
 >>> http://www.horizon-law.jp/news/pekochan-protein/

 今回は荒井弁護士のオススメ「ペコちゃんプロテイン」をご紹介しています。ミルキー風味のペコちゃんプロテインとミルキーココア風味のポコちゃんプロテインの2種類があります。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. Horizon労働問題フォーラムのお知らせ

 事務所では『Horizon労働問題フォーラム』として、不定期のセミナーと定期的な勉強会を開催しています。ぜひご参加ください。

 

━━━━━━━━━━━
■ 労働問題勉強会2019
━━━━━━━━━━━

◆従業員の不祥事対応(講師:荒井里佳)
(企業向け) 2019年5月29日(水)

詳細・お申込みは以下のURLからお願いいたします。
◎社会保険労務士向け勉強会
社労士向け勉強会は、すべて満席となっております。キャンセル待ちを受け付けております。
>>> https://www.door-kigyouhoumu.net/seminar/sr

◎企業向け勉強会
>>> https://www.door-kigyouhoumu.net/seminar/kigyo

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

4. 近況報告

 かなり暑くなりまして、いよいよクールビズスタイルになりました高井です。皆様いかがお過ごしでしょうか?


 最近裁判所もセキュリティーの強化を図っておりまして、庁舎に入るときに手荷物検査が実施されるようになりました。

 以前は東京地裁くらいだったのが、家庭裁判所も実施され、最近では全国の裁判所に広がっているようです。

 ただ、もともとそのような検査を行うことを予定していない構造になっている裁判所も多く、実に不便な状態になっているのも事実です。

 先日横浜家庭裁判所に行ってきたのですが、ここは本館と別館とがあり、建物内は3階にある渡り廊下を通ってしか行き来できません。

 以前は、別館の方の入り口から普通に出入りができたので全く問題はなかったのですが・・・なんと手荷物検査は本館の入り口でしか実施しない!ということになりました。

 結果、別館の1階に行く場合には、本館1階で手荷物検査を受け、本館3階にあがり、別館3階に移動した後、別館1階に降りる、という非常に効率の悪い動きが必要になるようになりました。

 しかも、なんと別館にはエレベーターがないという・・・相続とかで家庭裁判所に来る人も多いだろうに・・・と心配になってしまうところです。

 まぁ私にとっては良い運動だろうから良いじゃないか!という意見は真摯に受け止めたいと思います。


 というわけで今週はこのあたりで。
 今後ともよろしくお願いします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付