企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【高年齢者雇用はどうなる?】ホライズンメールマガジン▼第153号 2019/05/17

▼第153号 ホライズンメールマガジン

----------高年齢者雇用はどうなる?

2019/05/17
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

 

1.最新トピックオピニオン

2.今週のオススメ

3.Horizon労働問題フォーラムのお知らせ

4.近況報告

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 高齢者の就業に関し、政府が70歳まで継続雇用等の努力義務を定める方針であることが報道されている。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051501245&g=soc

 

 なかなか難しい問題である。

 現行法では、65歳までの雇用確保について、定年の廃止や延長、継続雇用のいずれかが義務づけられている。

 企業は継続雇用に伴って様々な対応を迫られており、その中で一つの難題となっているのが再雇用後の雇用条件をどうするか?という点である。

 

 法律で同一労働同一賃金という方針が示されている中で、再雇用後の労働条件が、同一労働同一賃金の原則に反するのか?が争われるケースも複数出てきている。

 昨年言い渡された長澤運輸事件の最高裁判決やそれをふまえた通達でも、単に定年後再雇用であるという理由だけでの条件引き下げは正当化されないことが指摘されている。

 

 また、雇用が延長されることによって、下の世代への技術の継承などがなされにくくなる、といった問題点も指摘されている。

 雇用継続にあたって考えるべき問題は多い。

 

 今回の報道では、直接雇用以外の選択肢も含まれるようである。
 どう対応していくかは、法改正の動向も含めて慎重に考えていく必要があるだろう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週のオススメ

 当事務所では毎週水曜日に「ホライズンのオススメ!」を更新しています。

【ホライズンのオススメ! №160】 ぺんぺん
 >>> http://www.horizon-law.jp/news/penpen/

 今回は八幡弁護士のオススメ、坦々麺専門店「ぺんぺん」です。4月下旬に当事務所のすぐ近く、マッカーサー道路沿いにオープンしたばかりのお店です。当事務所にお越しの際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. Horizon労働問題フォーラムのお知らせ

 事務所では『Horizon労働問題フォーラム』として、不定期のセミナーと定期的な勉強会を開催しています。ぜひご参加ください。

 

━━━━━━━━━━━
■ 労働問題勉強会2019
━━━━━━━━━━━

◆従業員の不祥事対応(講師:荒井里佳)
(企業向け) 2019年5月29日(水)

詳細・お申込みは以下のURLからお願いいたします。
◎社会保険労務士向け勉強会
社労士向け勉強会は、すべて満席となっております。キャンセル待ちを受け付けております。
>>> https://www.door-kigyouhoumu.net/seminar/sr

◎企業向け勉強会
>>> https://www.door-kigyouhoumu.net/seminar/kigyo

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

4. 近況報告

 だいぶ暑くなってきてそろそろクールビズ?という雰囲気が漂ってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?弁護士の高井です。

 最近おかげさまでいろいろと忙しくしておりまして、この近況報告を書くために今週何があったっけ?と思い出すのも苦戦したりしているのですが・・・なんか今週は佐藤浩市さんが三流俳優かどうかでネット上が賑わってましたねw

 今月公開される映画「空母いぶき」での首相役に関してビックコミックに掲載されたインタビューがいろいろと物議を醸しているようです。

 そもそも批判の発端となった記事自体がインタビュー記事を曲解したもの!なんて意見も出されてなかなかカオスな状態になっていましたが・・・法律家としてはやっぱり証拠の原典を確認しないといけないだろう!ということで、わざわざキオスクでビックコミックを買って確認してみました。

 まぁ個人的にはこの批判は的外れじゃない?とか思いましたが、人によって受け止め方はバラバラかとも思ってみたり。
 でもこれで映画はいい宣伝になったのでは?なんてことを思ったりしてみました。

 というわけで今週はこのあたりで。
 今後ともよろしくお願いします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付