企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分
虎ノ門ヒルズ駅 徒歩7分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【五月病に負けるな!?】ホライズンメールマガジン▼第152号 2019/05/10

▼第152号 ホライズンメールマガジン

----------五月病に負けるな!?

2019/05/10
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

 

1.最新トピックオピニオン

2.今週のオススメ

3.Horizon労働問題フォーラムのお知らせ

4.近況報告

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 ゴールデンウィークが終わった。今年は史上最長の10連休ということで、いろいろ話題になった。

 さて、このくらいの時期になると報道などでも多くなるのが、連休明けに行方不明になる社員、といったネタである。風物詩とでも言えるくらい毎年定番のネタになっており、今年も無事?発見することができた。
https://nikkan-spa.jp/1567123

 

 以前は5月病といった言葉が使われたりもしたが、最近では5月まで待たないケースなども増えてしまっているようで、なかなか会社側としては難しい問題を抱えている。

 

 もちろん退職しないで一生懸命働いてくれる社員が一番良いのはもちろんであるが、きちんと退職の手続をした上で退職してくれる社員はまぁ仕方ない。

 法律的にもっともやっかいなのが、従業員が本当に音信不通になってしまうケースへの対応である。

 

 携帯に連絡をしたりメールをしても返事はなく、仕方なく自宅まで行ってみてもいるのかいないのかはっきりしない。こんな状態になってしまった場合にどう対応したらよいだろう?
会社からしてみれば、いつまでも連絡がつかないのであれば退職の手続をしなければならない。年金や健康保険といった問題もあるし、そもそも新しい人員を補充しなければならないだろう。

 ただ、本人が退職届を出してくれない場合、退職扱いにするためには「解雇」をする必要がでてくる。

 

 このように聞くと、就業規則などでは懲戒解雇の事由として「14日間無断欠勤をしたこと」といった記載があるので、これで解雇すればいい!と思われるかもしれない。

 ただ、ここで問題なのは、どうやって、「解雇する」という通知を本人に通知するか、という問題である。つまり、解雇するためにはあくまでも会社が本人に対して、解雇する、という意思表示をして、本人が受領する必要がある。

 つまり行方不明の本人に対してどうやって通知するか?という問題があるのである。

 

 実際にはこれはなかなかやっかいな問題で、届け出られている自宅に送ったことでよしとしてしまうケースもあれば、保証人への連絡などを試みてしばらく様子を見るケースもある。

 もちろんどこまで厳密に対応するか、ということにはなるし、ほとんどのケースではなんとなくでも問題にならない可能性は高い。ただ、実際に、行方不明になった従業員がいて放置していたら半年後にひょっこり現れて働こうとした、なんて例もあったと聞く。もともと突然行方不明になってしまうようなケースなので、戻ってくる可能性もないとはいえない。きちんと対応をしておかねければならないところである。

 

 なお、このようなケースに備えて、念のため、就業規則の中に、所在不明が一定期間に及んだ場合は当然に退職する、といった条項を入れておくことが好ましい。当然退職という扱いであれば解雇を通知する、といった問題は生じないためである。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週のオススメ

 当事務所では毎週水曜日に「ホライズンのオススメ!」を更新しています。


【ホライズンのオススメ! №159】志の輔らくご
 >>> http://www.horizon-law.jp/news/shinosuke/

 今回は高井弁護士のオススメ、毎年赤坂ACTシアターで行なわれている志の輔師匠の独演会「志の輔らくご」をご紹介。今年は、今週末5月11日~14日に開催されます。興味のある方は一度行ってみてはいかがでしょうか。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. Horizon労働問題フォーラムのお知らせ

 事務所では『Horizon労働問題フォーラム』として、不定期のセミナーと定期的な勉強会を開催しています。ぜひご参加ください。

 

━━━━━━━━━━━
■ 労働問題勉強会2019
━━━━━━━━━━━

◆従業員の不祥事対応(講師:荒井里佳)
(企業向け) 2019年5月29日(水)

詳細・お申込みは以下のURLからお願いいたします。
◎社会保険労務士向け勉強会
社労士向け勉強会は、すべて満席となっております。キャンセル待ちを受け付けております。
>>> https://www.door-kigyouhoumu.net/seminar/sr

◎企業向け勉強会
>>> https://www.door-kigyouhoumu.net/seminar/kigyo

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

4. 近況報告

  あんまりニュースないし令和最初のメルマガのテーマなににしよう?と迷った結果五月病ということに落ち着いてほっとしている高井です。皆様いかがお過ごしでしょうか?

 10連休は基本的には都内でおとなしく過ごしていたのですが、初日の27日に静岡県の掛川まで行ってきました。

 新幹線もこだましか止まらない駅なのですが、さすがに連休だし指定席取っておこう!と思って見てみたところ、まさかの普通車もグリーン車も満席・・・連休を甘く見てました。

 まぁでも始発の東京から乗るし何本か乗り過ごせば自由席でも大丈夫でしょ!と気を取り直して当初乗る予定の電車の1時間前くらいからスタンバイしていたところ・・・あれ?前の電車も全然自由席余裕で乗れてる・・・半分くらいあいてる???

 出発時間のギリギリにきても全然余裕で座れるくらいの空き具体で、無事座って掛川まで行くことができました。なんとなく1時間も前に行ったのに!というのが悔しかったのは内緒です。

 というわけで今週はこのあたりで。
 今後ともよろしくお願いします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付