企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【どうなる?賃金の消滅時効!】ホライズンメールマガジン▼第132号 2018/12/07

▼第132号 ホライズンメールマガジン

----------どうなる?賃金の消滅時効!

2018/12/7
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

 

1.最新トピックオピニオン

2.今週のオススメ

3.Horizon労働問題フォーラムのお知らせ

4.近況報告

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 今年7月に実施した当事務所主催セミナーでもとりあげたが、賃金の消滅時効をどうするか?という議論が行われている。

 厚生労働省がワーキンググループを立ち上げて行っているところであるが、すでにかなりの議論がなされている。

 その論点整理の資料が公開されていたので、今回はこの問題を簡単にご紹介したい。
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-roudou_503103.html

 

 現在の労働基準法では、賃金の消滅時効期間は2年間とされているが、民法が改正され、一般の債権については、消滅時効の期間が5年間で統一されることになった(施行は2020年4月1日)。この改正に伴って、労働基準法の賃金の消滅時効期間の定めをどうするか?についても、議論がされることになった。

 

 民法で他の債権が5年になったのであれば賃金についても5年でいいのでは?という意見が出されている一方で、労基法は刑罰を定めたものなのだから、民法とは別に考えればいいのでは?という意見や、実際の紛争では労働時間が何時間だったかが争いとなることが多く、5年間となるとその主張・立証が非常に困難を伴う、といった意見がだされている。

 例えば、11月30日に私は午後11時まで働いていました、といった主張が労働者側からされた場合に、企業としてはその日の具体的な労働の状況を反証することが求められるが、2年前でも困難なことが多いのに、5年前となればもはや絶望的である(人も入れ替わっているしパソコンなどの機器も変わっているだろう)。

 

 実際に使用者側で労働事件を多く扱っている立場としては、やはり賃金というのは日々発生するもので、金額自体もその時間数によって日々変動するという特殊性が非常に大きい。

 最近の紛争ではタイムカードなどで時間管理をして、それに従って支払っていたにもかかわらず、それ以上の時間数を主張されて争いになっている例が圧倒的に多い中で、5年間という時効期間を設定することは非常に企業にとって負担となることが予想されるところである。

 私見としてはやはり2年間という時効期間を維持して、早期に労使関係を確定させていく事が重要ではないかと考えている。

 

 なお、この検討会では他にも様々な議論がなされていて、賃金のほかに有給休暇の繰越期間や、資料の保存期間などの問題も議論されている。

 

 いずれも重要な問題であり、今後の動向を注視しておく必要があるだろう。

 

※ LEGAL NEWS TOPICS(毎週月曜更新)
>>> http://www.horizon-law.jp/news/legal-news-topics-vol-138/
前の週の法律関連ニュースにコメントをつけてご紹介しています!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週のオススメ

 当事務所では毎週水曜日に「ホライズンのオススメ!」を更新しています。

 

【ホライズンのオススメ! №139】焼肉ライク
 >>> http://www.horizon-law.jp/news/yakiniku-like/

 今回は田島弁護士のオススメ「焼肉ライク」です。今年8月に新橋駅前にオープンしたばかりのお店です。この店で田島弁護士は夢をひとつ叶えることができたそう。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. Horizon労働問題フォーラムのお知らせ

 事務所では『Horizon労働問題フォーラム』として、不定期のセミナーと定期的な勉強会を開催しています。ぜひご参加ください。

━━━━━━━━━━━
■ 労働問題勉強会2019
━━━━━━━━━━━
◆平成最後の最新労働判例(講師:坂東利国・田島直明)
(社会保険労務士向け) 2019年1月18日(金)、2月8日(金)
(企業向け) 2019年1月23日(水)

◆年次有給休暇(講師:高井重憲)
(社会保険労務士向け) 2019年3月20日(水)、4月19日(金)
(企業向け) 2019年3月6日(水)

◆従業員の不祥事対応(講師:荒井里佳)
(社会保険労務士向け) 2019年5月9日(木)、6月27日(木)
(企業向け) 2019年5月29日(水)

 

詳細・お申込みは以下のURLからお願いいたします。
◎社会保険労務士向け勉強会
https://www.door-kigyouhoumu.net/seminar/sr

◎企業向け勉強会
https://www.door-kigyouhoumu.net/seminar/kigyo

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

4. 近況報告

 いよいよ12月になってしまいました。皆様いかがお過ごしでしょうか?弁護士の高井です。

 昨日はソフトバンクの携帯電話が大規模な電波障害を起こしていたようで、大騒ぎになっていましたね!

 元ソフトバンクユーザーとしてはなかなか気になるところです。

 

 本来、西武ファンの身としては、他の球団から良い選手を集めまくっているソフトバンクに塩を送るようなまねは絶対にできません。

 ただ、残念ながらiPhoneが出始めたころはソフトバンクしか取り扱いがなかったので仕方なくソフトバンクで契約していました。

 その後他の携帯会社も扱うようになると満を持してMNPをして契約を切り替えました。

 その後も、ささやかな抵抗を必死に継続しています。

 

 ただ、最近は楽天なんてところもかなりの金満ぶりを発揮しています。以前はよく楽天市場も利用していたのですが、最近はもっぱらamazonに切り替わりました。ポイントなんていらん!といった感じです。

 というわけで今週はこのあたりで。

 来年の労働問題勉強会の日程も公開になりましたので、ぜひふるってご参加下さい。

 今後ともよろしくお願いします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付