企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【ユニオンを利用したホワイトニング!?】ホライズンメールマガジン▼第012号 2016/06/17

▼第012号 ホライズンメールマガジン

----------ユニオンを利用したホワイトニング!?
2016/06/17
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

1.最新トピックオピニオン

2.今週の更新情報

3.近況報告

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 突然だが、ホワイトニングというのをご存じだろうか?歯を白くする施術のことである。

 昔、「芸能人は歯が命」というCMが流行ったころから、歯科医の競争激化もあって流行しているようである。

 今回のテーマはまさにこのホワイトニング。もっとも我々が行うホワイトニングは、歯を白くするのではなく、ブラック企業疑惑を吹き飛ばしてホワイト企業であることをアピールする方策である。

 なんでこんなことを言い出すかというと、最近気になった2つのニュースから。

 一つハローワークに提出された求人のうち、3900件が条件が違った、というニュース。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016060800862&g=eco

 もう一つはあのワタミに労働組合ができた!というニュースである。

http://digital.asahi.com/articles/ASJ6J4WTSJ6JULFA016.html

 

 前者については企業側の人材確保に対するシビアな現実が相当影響してることは明らかである。コンビニや飲食店では費用をかけて求人広告を出しても全然応募がないので費用をかけられずに店頭の掲示だけにしたといった話もよく耳にする。人手不足で倒産しかねないような状態になってしまっている企業が結構存在している。

 そんな状況で、なんとか応募者を集めようとするとやはり求人条件を他よりもよく見せようということになってしまっているのである(ちなみによくあるトラブルの元は、例えば給与20万円以上、と書いて求人募集をしたが、実際には定額残業代を含んだ金額だった、といったものである)。

 ただ、これでは実際に応募があった後や、採用になった後でトラブルになることがかなり出てきてしまうし、ブラック企業だとレッテルを貼られてインターネットなどで炎上したりしたら目も当てられない。法的にも問題が出てきかねないところである。

 

 そんな中で目にしたのがワタミに労働組合ができたというニュース。しかもユニオンショップ協定まで締結したという。

 ブラック企業というレッテルをなんとか剥がそうという中での取り組みの中から出てきた話のように思われるが、これ、実は結構悪くない選択なのではないかと思ったりする。

 これだけブラック企業ということが話題になる中で、善良な労働者の人の中にも、自分がとんでもない目に遭わされるのではないかということを懸念している人は相当する存在している(特に大学生の新卒採用などではその傾向が非常に強い)。

 そんな懸念を払拭し、労働者の権利もしっかり保護される会社ですよ、ということをアピールしていく上では、やはり労働組合というのは一つの選択肢なのだろうと思う。

 

 もっとも、実際に労働組合が出来るとなるとなかなかやっかいだという思いを抱く会社経営者の人は多いのが実情である。

 また、労働組合、ということに対しては、なにかデモ行進に参加をさせられるとか、ビラ配りをさせられるとかいった形で労働者の側もネガティブな印象を持っているケースもあったりする。

 そういう意味で、「労働組合を作る」という形でのアピールが適切なのかは議論すべき問題だろう。

 ただ、労働問題が過激化してしまったり、それこそ過激化した労働組合が社内に結成されてしまったりとうようなケースを見ると、初期のボタンの掛け違いの時点できちんと対応できていればそこまで深刻化しなかったと思われるケースが圧倒的に多い(労働者の不満の発端は社長がベンツを乗り回して自慢しているのが気にくわない、といった程度の話だったりする)。

 そうだとすれば、組合結成ということまではしなくても、例えば定期的に従業員との意見交換をする場を設けている、といった程度のことがあるだけでもだいぶリスク回避になるし、うちはブラックではなくてホワイトですよ!といったアピールにもなるように思えてならない。

 

 いずれにしても、企業経営を考える上では、労働者との信頼関係構築は非常に重要かつシビアな問題になってきている。


※ LEGAL NEWS TOPICS(毎週月曜更新)
>>> https://note.mu/horizonlaw/n/neb532c3915a7
前の週の法律関連ニュースにコメントをつけてご紹介しています!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週の更新情報

当事務所が運営しているウェブサイトの更新情報です。


【1】人事労務(毎週火曜更新)
 退職勧奨を違法な退職強要だと主張されたら?
 >>> http://www.roumu-startline.net/topics/017

 今回のテーマは退職勧奨とパワハラ。違法な退職強要と言われないためには・・・

 

【2】ホライズンのオススメ!(毎週水曜日更新)
 人の皮を被った狼を見抜く即興芝居?
 >>> https://note.mu/horizonlaw/n/nb7b4702bdbb1

 ・・・今回のオススメは一風変わったお芝居。芝居の新しい潮流です。

 

【3】企業法務(毎週木曜更新)
 取締役を解任する場合の手続は?リスクは?
 >>> http://www.door-kigyouhoumu.net/topics/017

 今回は取締役を解任する場合の手続きとリスクについてです。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. 近況報告

 ついに舛添都知事が辞職になってしまった昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 元検察官の第三者が調査、といった弁明も今ひとつ効果がなかったようですが、もし第三者による調査が必要であれば、当事務所で喜んでお引き受けさせていただきますのでお気軽にお声がけくださいw

 さて、今回はなんとなくホワイトニング、ということで書かせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?いつもは記事を書いてからタイトルが決まるのですが、なんとなく今回はタイトルが先に決まってしまったので書きやすいような書きにくいようなといった感じでした。

 ちなみに、現在当事務所も新人弁護士採用に向けて説明会なども開催しています。
 といったところで、とりとめがなくなりましたが今回はこんなところで。
 今後ともよろしくお願いいたします。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付