企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分
虎ノ門ヒルズ駅 徒歩7分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【セクハラ騒動から見える3つの問題点】ホライズンメールマガジン▼第102号 2018/04/20

▼第102号 ホライズンメールマガジン

----------セクハラ騒動から見える3つの問題点
2018/04/20
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週金曜日発行


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■企業のための労働問題勉強会のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 当事務所では、企業の経営者・人事労務ご担当者様を対象とした労働問題の勉強会を定期的に開催しております。企業が健全な経営を行っていくためには、労働トラブルを顕在化させず、未然に防止することが重要です。ぜひご参加いただき、お役立ていただければ非常に幸いです。

◆5月16日(水)17:00~ 『解雇に関する最新事情』

 詳細・お申込みはこちら
 >>> https://www.door-kigyouhoumu.net/seminar/kigyo

 

■■■INDEX──────────────────────────────

1.最新トピックオピニオン

2.今週のオススメ

3.近況報告

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 財務事務次官のセクハラ騒動が大きな話題となっている。

 被害者に名乗り出るように求めた調査手法に対する非難が起こったり、テレビ朝日の記者が被害者だったことが発表され、結局事務次官は辞任することになったものの、いまだセクハラは否定している、といった具合である。

 なかなかいろいろな問題をはらんでいるところなので、個人的な感想を含めてまとめてみたい。


1.被害者に名乗り出るよう求めた点について

 まず大きな非難が沸き起こったのは被害者に名乗り出るよう求めた点である。

 この点、セクハラの調査等の中でも被害者のプライバシーへの配慮等は当然要請される。出てこなければ認めない、といった態度が非難を浴びるのは当然だろう。

 もっとも、少し気になるのは、今回の騒動で、被害者は匿名のままでも良いのだ、といった形で情報が広まったことによって、隠れたままでセクハラ被害をでっち上げようといったケースが出てこなければいいな、とも感じている。

 当然ながらなんでも言えば認められるというわけではない。今回のケースでは会話の録音という客観的な証拠があることが前提となっているし、匿名の怪文書だけで会社がセクハラ対応として処分するといったわけでもない点は気になったところである。

 

2.秘密録音について

 以前に某国会議員のパワハラ事件でも話題になっていたが、最近は会話が秘密裏に録音されているケースがかなり多い。

 録音された人からは、そんな証拠は無効だ!等と言われることもあるが、民事であれば十分証拠として認められる。

 今回のケースでは録音をしていたのがマスコミの方なので取材の姿勢として秘密録音が適切かは問題となるのかもしれないが、証拠の確保という意味では基本的には問題が無いといえるだろう。

 

3.どこからセクハラ?

 なんとなく気になっているのは、会話の内容がセクハラというのはそのとおりだと思うが、食事に連れ出している点を問題とする意見は聞こえてこないのだなぁという点。

 セクハラの定義からすれば、地位を利用して食事に執拗に誘うような行為も立派にセクハラにあたりうる。

 記者を食事に誘うことはセクハラには該当し得ないということなのだろうか?テレビ朝日が記者を守らなかったことに非難の声があがっているが、食事に誘われたらついていくのは当然と考えているように思える。そうするとやはり女性を配置して情報を引き出そうとしていると言われても仕方ないように思うのだが違うのだろうか?

 マスコミの取材方法に関しては外務省機密漏洩事件(https://ja.wikipedia.org/wiki/西山事件)でも情交関係をもって秘密を漏らさせたこととなっている。今は時代が違うと言われるかもしれないが、あまり変わっていないようにも思えてならない。

 


※ LEGAL NEWS TOPICS(毎週月曜更新)
>>> http://www.horizon-law.jp/news/legal-news-topics-vol-107/
前の週の法律関連ニュースにコメントをつけてご紹介しています!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週のオススメ

 当事務所では毎週水曜日に「ホライズンのオススメ!」を更新しています。

【ホライズンのオススメ! №108】食事制限オススメ食材
>>> http://www.horizon-law.jp/news/dietary-restrictions/

今回はホライズン美容部のオススメ食事制限です。荒井弁護士がオススメする4つの食材をご紹介しています。最近、不摂生な食事が続いているなあとお感じの方、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. 近況報告

  先週から引き続きひのき花粉に苦しめられていて、龍角散ののど飴が手放せないでいる高井です。
咳と痰がひどいのがつらいです・・・この前日曜日はオーケストラのコンサートに行ってきたのですが咳を我慢するのがつらいという。
まぁオーケストラのコンサートというとハイソな感じがするかもしれませんが、逆転裁判というゲーム音楽のコンサートなので実際はそんな大したもんじゃありませんがw
というわけで今週はこのあたりで。今後ともよろしくお願いいたします。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付