企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋2-17-2 HF虎ノ門ビルディング2階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩6分
内幸町関 徒歩6分
霞ヶ関駅 徒歩8分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-5425-7431

№061 商店街でくじ引きをやる場合の景品の上限は?

2017/05/18

企業法務TOPICS №061

商店街でくじ引きをやる場合の景品の上限は?

 ご相談

 商店街でお店を経営しています。毎年恒例で夏と冬に商店街全体の大売り出しをやっていて、商店街で買い物をしてくれた人に福引き券を配布し、福引きをしてもらっています。

 去年までは一等賞の景品が某温泉旅館一泊二日だったのですが、やはりこのご時世、この景品ではあまりお客さんも増えないだろうという意見が出ています。

 ここはどーんと世界一周旅行でも景品にしようかと思うのですがどうでしょうか?

回答

 今回のご相談のように、複数の事業者が参加して行う懸賞は「共同懸賞」と呼ばれ、景品表示法の規制が及びます。

共同懸賞の場合、景品の最高額は取引価額にかかわらず、30万円と定められています。

 おそらく世界一周旅行は30万円以上かかってしまうかと思いますので、残念ながら世界一周旅行を懸賞の景品にしてしまうと違法ということになってしまいます。

 なお、共同懸賞の場合には最高額だけでなく、景品全体の総額についても規制がされていて、それは懸賞に係る売上げ予定総額の3%が上限とされています。

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

お気軽にお問合せください

03-5425-7431

受付時間:9:30~20:00(土日祝を除く)

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-5425-7431

平日9:30~20:00まで受付

2015年10月から始まったマイナンバー制度への企業対応を弁護士がサポートします。