企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋2-17-2 HF虎ノ門ビルディング2階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩6分
内幸町関 徒歩6分
霞ヶ関駅 徒歩8分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-5425-7431

№060 商品を買った人にくじを引いてもらう場合の法規制は?

2017/05/11

企業法務TOPICS №060

商品を買った人にくじを引いてもらう場合の法規制は?

 ご相談

 当店では今度商品を買ってくれた人を対象に、くじを配布し、当たった人には景品を配ろうかと考えています。

 せっっかくなので景品を豪華にしたいと思っているのですが、くじの景品に法律の規制があるともききました。

 大丈夫でしょうか?

回答

 景品の提供については、景表法で過大な景品類の提供が禁止されています。

 今回ご相談いただいているのは、商品の購入者に対してくじという偶然の要素で景品を提供するものですので、「一般懸賞」と呼ばれるものになります(この他、同じ規制がかかるものとしては、買った人を対象にクイズを出して正解者に配付する場合や、なんらかの遊戯でうまくいった人に配付する場合などがあります)。

 この場合、景品の最高額と、景品の総額でそれぞれ規制がされているのでそれ以下でなければなりません。

 具体的には、景品の最高額は、懸賞にかかる取引額が5000円未満の場合には、取引価格の20倍まで、5000円以上の場合は10万円が上限とされています。

 また、総額は、懸賞に係る売上げ予定総額の2%までとされています。

 上限が規制されていますので、注意して下さい。

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

お気軽にお問合せください

03-5425-7431

受付時間:9:30~20:00(土日祝を除く)

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-5425-7431

平日9:30~20:00まで受付

2015年10月から始まったマイナンバー制度への企業対応を弁護士がサポートします。