企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

緊急開催!「長澤運輸事件・ハマキョウレックス事件最高裁判決をふまえた実務対応」セミナー

本セミナーは終了しました。

当日の様子やご参加者の感想はこちら

日 時

2018年7月25日(水)16:00~18:00(受付 15:30~)

会 場

AP新橋虎ノ門 3階  Jルーム

住所:東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル

JR「新橋駅」日比谷口から徒歩8分
都営三田線「内幸町駅」A4a出口から徒歩3分
東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」9番出口から徒歩3分
東京メトロ千代田線「霞ヶ関駅」C3出口から徒歩4分

 

参加費

一般 1名様 3,000円(税込)  

弊所顧問先様 2名まで無料
 ※当日、現金でお受けさせていただきます。

 ※できるだけお釣りの要らないようご協力をお願いいたします。

セミナー内容

 去る6月1日に非正規労働者と正規労働者の待遇格差を巡る2件の最高裁判決が言い渡されました。いわゆる長澤運輸事件とハマキョウレックス事件と呼ばれる事件です。

 労働契約法20条を巡る初の最高裁判決であり、各手当の合理性判断や定年後再雇用における労働条件の設定のあり方など、実務への影響の非常に大きな判例です。

 当事務所でも6月8日発行のメールマガジンでこちらのニュースを取り上げましたが、大変大きな反響があり、いろいろなご質問・ご相談をすでにいただいています。

 そこで、今回は最高裁判決の内容を正確に理解していただくとともに、労働条件の設定・改定にあたってどのような点を考慮すべきかを解説します。

 ぜひご参加下さい。

講師

弁護士 高井重憲

申込み方法受付は終了しました

講師紹介

弁護士 高井重憲

≪略歴≫
平成13年 東京外国語大学外国語学部(英語専攻)卒業
平成14年 司法試験合格
平成16年 弁護士登録(東京弁護士会・登録番号32341)

≪過去の講演・セミナー実績≫
退職者からの残業代請求対策セミナー
・裁判員制度実施に向けた企業対応特別セミナー
・従業員のメンタルヘルスと企業対応 他多数

≪著書等≫
・『残業代訴訟 反論パターンと法的リスク回避策』(日本法令)
・『裁判員制度と企業対応~万全ですか?あなたの会社の社内整備』(第一法規・共著)
                                      他多数

お問合せはこちら

ご要望に応じて企業での研修会、講演会での講師としても出張いたします。

(セミナー風景)

詳細についてはお気軽にお問合せください。

03-6206-1078

受付時間:平日 9時30分~20時00分

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付