企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋2-17-2 HF虎ノ門ビルディング2階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩6分
内幸町関 徒歩6分
霞ヶ関駅 徒歩8分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-5425-7431

弁護士 高井重憲

Attorney at Law TAKAI SHIGENORI

弁護士 高井重憲

出身

群馬県高崎市

経歴
平成5年 高崎市立大類中学校卒業
平成8年 群馬県立高崎高校卒業
平成13年 東京外国語大学外国語学部(英語専攻)卒業
平成14年 司法試験合格
平成15年~平成16年 司法修習
平成16年  弁護士登録(東京弁護士会)
講師

裁判員制度実施に向けた企業対応特別セミナー(平成21年5月実施)ほか

メディア掲載歴
  • ビジネスガイド2012年2月号『配置転換・転勤等にまつわる法的留意点と企業の実務対応』
  • ビジネスガイド2011年5月号『就業規則・社内規程「問題となった一条」 残業代請求トラブル』
  • ビジネスガイド2011年3月号『労働紛争解決のための「民事調停」活用法』
  • ビジネスガイド2011年2月号『就業規則改定の際の内容・理由・経緯等の残し方』
  • ビジネスガイド2010年6月号『残業代トラブル対応!「和解合意書」作成時の留意点』
  • ビジネスガイド2010年3月号『残業代請求に対する反論パターンと法的リスク回避策』
  • 週刊ダイヤモンド平成21年12月5日号に寄稿『過払い金と同じく大量処理が可能 企業への残業代請求急増の恐怖』(下記からPDFでダウンロードできます)
  • 読売新聞平成21年7月29日夕刊にコメント掲載
  • 平成21年12月8日、ワールドビジネスサテライトにてコメント放映

※クリックするとPDF形式のファイルがダウンロードされます。

職務信条・メッセージ

社会の情勢が急激に変化をし続けている中で、最新の情報を把握し続けることが法的サービスの提供にも重要と考えております。また、その反面、弁護士の側からも、広く情報を発信していくことが重要と考えております。
事件に対する取り組みの方針としては、聴き取りを丁寧に行うこと、可能な限りスピーディーな対応を行うこと、丁寧かつ適切な説明を行うことを心がけております。また、可能な限り依頼者・ご相談者の方の需要、ご希望にお応えできるよう、事案について可能な限り多角的に検証を行い、最適なサービスをご提供することを目指します。

 

お電話でのお問合せはこちら

03-5425-7431

受付時間:9:30~20:00(土日祝を除く)

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-5425-7431

平日9:30~20:00まで受付

2015年10月から始まったマイナンバー制度への企業対応を弁護士がサポートします。