企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋2-17-2 HF虎ノ門ビルディング2階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩6分
内幸町関 徒歩6分
霞ヶ関駅 徒歩8分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-5425-7431

【仮想通貨トラブルと集団訴訟】ホライズンメールマガジン▼第091号 2018/02/02

▼第091号 ホライズンメールマガジン

----------仮想通貨トラブルと集団訴訟

2018/02/02
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週金曜日発行

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2月20日】IT・リース企業向け『メンタルヘルス問題 対処法徹底解説セミナー』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 当事務所では、IT・リース系の企業様を対象に、IT企業の労働問題に詳しい社会保険労務士と共催で、メンタルヘルス問題対処法セミナーを開催させていただくことになりました。ぜひご参加いただきお役立ていただければ幸いです。

詳細・お申込みはこちら
>>> https://www.door-kigyouhoumu.net/seminar/20180206

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■企業のための労働問題勉強会のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 当事務所では、企業の経営者・人事労務ご担当者様を対象とした労働問題の勉強会を定期的に開催しております。企業が健全な経営を行っていくためには、労働トラブルを顕在化させず、未然に防止することが重要です。ぜひご参加いただき、お役立ていただければ非常に幸いです。

◆2月21日(水)17:00~ 『パワハラ・セクハラ対応』
◆3月14日(水)17:00~ 『残業代に関する最新事情』
◆5月16日(水)17:00~ 『解雇に関する最新事情』

詳細・お申込みはこちら
>>> https://www.door-kigyouhoumu.net/seminar/kigyo


■■■INDEX──────────────────────────────

1.最新トピックオピニオン

2.今週のオススメ

3.近況報告

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 仮想通貨取引所のコインチェックから大量の仮想通貨が流出したことが報道されている。ビットコインなどの仮想通貨のことが昨年末からテレビなどでも報道されるケースが増えてきたところで、流出した仮想通貨の総額が580億円とかなり高額であることもあり、なかなか話題になっているところである。

 

 個人的には仮想通貨のような最新技術には興味津々なところもあるので、この問題自体も興味があるのだが、弁護士という視点から見ると、この問題に対する被害者弁護団があっという間に結成され、集団提訴する方向という報道がなされたことの方がはるかに興味深い。

https://www.asahi.com/articles/ASL216CVJL21UTIL049.html

 

 集団訴訟というと、古くは公害訴訟などがイメージされるように、非常に思想的なイメージが強いものだった。公害などの被害に遭って困っている人たちから頼まれて義憤に駆られた弁護士が立ち上がる!という感じである。

 

 しかし、今の集団訴訟は思想的なイメージはかなり薄まっているように感じる。今回の弁護団の結成もプレスリリース等を通じて報道されているのだと思われるが、広告などを通じて被害者を集め、集団提訴していくという手法はどちらかというとビジネス的な色合いが強いように思えるのである。

 

 ちなみに、このような手法はおそらく最初に使われたのはライブドア事件のときだったように思う。最近では東芝の粉飾決算の事件でも弁護団が結成されたと聞く。
このような取組を苦々しく思う弁護士もいるかもしれないし、企業などは悲鳴をあげるかもしれない。

 ただ、法律に基づいて被害を救済するという観点からは素晴らしい方向性だろう。弁護士増員の弊害を嘆く人も多いが、その結果としてこのような取組が出ていることは無視できないところである。


※ LEGAL NEWS TOPICS(毎週月曜更新)
>>> http://www.horizon-law.jp/news/legal-news-topics-vol-096/
前の週の法律関連ニュースにコメントをつけてご紹介しています!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週のオススメ

 当事務所では毎週水曜日に「ホライズンのオススメ!」を更新しています。

【ホライズンのオススメ! №097】Mogel Motte
 >>> http://www.horizon-law.jp/news/mogel-motte/

今回は八幡弁護士のおすすめカードゲーム「Mogel Motte」をご紹介しています。邦題は「いかさまゴキブリ」。ルール上「いかさま」をすることが認めらているというちょっと変わったゲームです。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. 近況報告

 すわまた大雪か!とひやひやしておりましたが都内はそこまでもひどくなくほっとしております、弁護士の高井です。

 今回は仮想通貨取引所のトラブルの話から集団訴訟の話を取り上げました。

 仮想通貨がらみでいろいろ読んでみると面白いなぁと思うのが、取引所だったマウントゴックスが2014年に破綻したときのこと。このとき、麻生大臣が、「あんなものは続くはずがないと思っていた」という趣旨の発言をしたことが報道されています。

 このときも、トラブルはあくまで取引所のセキュリティーの問題だったのですが、麻生大臣の発言は仮想通貨自体の信用の問題と誤解していたとあちこちで書かれています。

 新しい技術なので仕方ないことなのだと思うのですが、こんな形で間違った発言をしたことが延々と取り上げられるのも気の毒なように思います。

 というわけで、DVDや動画なども出している身としては割と気をつけよう!と思い直す次第です。

 そんなわけで今回はこのあたりで。今後ともよろしくお願いします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。