企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【間接パワハラにご用心】ホライズンメールマガジン▼第078号 2017/10/20

▼第078号 ホライズンメールマガジン

----------間接パワハラにご用心
2017/10/20
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

1.最新トピックオピニオン

2.今週のオススメ

3.近況報告

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 パワハラを理由に退職を余儀なくされたとして、会社に対して慰謝料請求を求めていた事案で、東京高裁は一審が認容した慰謝料額をほぼ倍増させる判決を言い渡した。

http://www.asahi.com/articles/ASKBL5KKSKBLUTIL035.html

 

 今回のケースでは、4人が原告となっており、直接パワハラを受けていたわけではないが、パワハラ被害を見聞きしていた人についても「間接的に退職を余儀なくされた」と認定しているようである。

 

 判決書き自体を見ているわけではないのでなんともいえないところではあるが、個人的な印象としてはこれで高額の慰謝料を認容するとなると、さすがに範囲を拡大しすぎでは?という印象がある。

 この判決の理屈からすると、職場内でパワハラがあった場合、直接被害にあっていたわけではない人が、パワハラをするような職場にはいたくない、と考えて退職した場合でも相当額の慰謝料請求が認められかねない。

 もちろん、パワハラ自体が許されないことはいうまでもないし、事案として年齢差別・性差別的なニュアンスがかなり強い案件という特殊性があることはうかがわれるが、間接的な被害の認定を拡げる方向での判決には危険を覚える。

 

 このような裁判例が出たことを含め、やはり会社としてはパワハラを防ぐための施策をとっていくことが重要だろう。



※ LEGAL NEWS TOPICS(毎週月曜更新)
>>> http://www.horizon-law.jp/news/legal-news-topics-vol-083/

前の週の法律関連ニュースにコメントをつけてご紹介しています!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週のオススメ

 当事務所では毎週水曜日に「ホライズンのオススメ!」を更新しています。


【ホライズンのオススメ! №083】 uka(ウカ)
 >>> http://www.horizon-law.jp/news/uka/

 今週は、ホライズン美容部荒井弁護士のオススメ、uka(ウカ)です。オーガニックのネイルオイル、マニキュア、シャンプートリートメントなど様々なケア商品を取り扱っているショップです。オンラインショップでも購入できるようですので、気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. 近況報告

 いったいこの寒さはなんなんでしょう!?といいたい今日この頃です。

 先週の報告でも書いたアディーレの件、混乱は全くおさまる気配がないようです。貪欲な事務所は、アディーレ 業務停止 といったキーワードで広告をだしたりもしているようですし、なかなか激しいなぁと思えてなりません。

 とりあえず我々もそんなことにならないように気をつけたいと思います。(高井)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付