企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【本当に怖い会社経営者の隠し子疑惑】ホライズンメールマガジン▼第072号 2017/09/08

▼第072号 ホライズンメールマガジン

----------本当に怖い会社経営者の隠し子疑惑

2017/09/08
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10月4日 IT・リース系企業のための『長時間労働対策セミナー』を開催します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 IT・リース系企業の皆さまに、長時間労働に関した過去の判例や事例を詳しく知って頂き、現状直面している課題あるいは今後起こりうる問題 への対応、対策をお伝えするセミナーです。この機会を是非ご活用ください。 

 詳細はこちら >>> http://www.door-kigyouhoumu.net/seminar/20171004

 

 

■■■INDEX──────────────────────────────

1.最新トピックオピニオン

2.今週の更新情報

3.近況報告

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 自分はサルバドール・ダリの娘だと主張していた裁判(娘であれば相続人となる)で、ダリの墓を掘り起こしてDNA鑑定を行った結果、血縁関係が否定されたとの報道がなされた。

http://www.asahi.com/articles/ASK97120KK96UHBI046.html

 

 墓の掘り起こしまで命じたマドリードの裁判所もなかなかすごいところであるが、結果的に血縁関係が否定されてしまった女性としても、会見なども報道されていたようで、今後の生活が大変かなぁと思えてならない。

 

 さて、なぜ今回このニュースを取り上げたかというと、企業法務に携わる弁護士の立場からして、事業承継にからんだ潜在的なリスクとしてそれなりにあり得るところだからである。

 例えば会社の株式のかなりの割合を保有しているオーナー社長が亡くなった場合を想定してみよう。特になにも対応をしていなければ、株式は相続人の共有状態となる。この場合、各相続人が勝手に権利(例えば株主総会で取締役の選任議案に投票する、といった行為をする権利)を行使することはできない。会社法の規定で、遺産分割が終わるまでの間は、代表者一人を決めて、その人が株主としての権利を行使するのである。

 

 うまく代表者が決められないような場合であれば、下手をしたら保有株式の割合が5割を超えているような場合でも権利行使ができなくなる可能性すらある。その場合には、少数の株式しか保有していない人が、実質的に会社を支配することもできてしまうのであり、すでにこれだけでもかなり大きなリスクである。

 これだけでもかなりのリスクなのに、さらに自分がいわゆる隠し子だ、と主張しているような人物が現れた場合、事態は一層複雑なものとなる。訴訟などで権利関係を確定している間、まさに株主としての地位が宙に浮いてしまうことになるからである。

 

 このような事態は、例えば遺言で株式を相続する人物を指定したり、相続人に対して株式を売り渡すよう求めることができる制度を利用したりすることでそれなりに回避できる。やはり事前の対策が重要なのである。

 

 ちなみに、昨今はDNA鑑定の費用もかなり安くなっている(10万円以下で実施可能である)し、時間も短くなっている。ただ、亡くなった後だとDNA自体が残っていない可能性もあるので、場合によってはDNAを取っておくことも紛争予防として必要になるのかもしれないと思った今日この頃である。


※ LEGAL NEWS TOPICS(毎週月曜更新)
 >>> http://www.horizon-law.jp/news/legal-news-topics-vol-077/

 前の週の法律関連ニュースにコメントをつけてご紹介しています!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週の更新情報

 当事務所が運営しているウェブサイトの更新情報です。

 

【1】人事労務(毎週火曜更新)
 『適切な指導かパワハラかで迷ったら?』
 >>> http://www.roumu-startline.net/topics/077

 パワハラ防止は重要ですが、パワハラを気にするあまり適切な指導ができなくなっては業務に支障が出てしまいます。今回はこの点について、会社がどう対応していくべきかを解説しています。

 

【2】ホライズンのオススメ!(毎週水曜日更新)
 『小坂の滝めぐり』
 >>> http://www.horizon-law.jp/news/osaka-taki/

 今回ご紹介するのは岐阜県の観光名所『小坂の滝めぐり』です。なんと200箇所以上の滝があるそうです。

 

【3】企業法務(毎週木曜更新)
 『取締役会規則は必要?』
 >>> http://www.door-kigyouhoumu.net/topics/076

 取締役会を設置していても取締役会規則を作成していないない企業は多いです。そこで今回は取締役会規則について解説します。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. 近況報告

 9月になってなかなか過ごしやすい日が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?ようやくドラクエ11をクリアしてほっと一息の高井です。

 今回のドラクエ、私は携帯ゲーム機の3DSでプレーしていたのですが、すごいのは昔ながらの2D表示と、3D表示が選べるというところ(わからなかったら公式サイトを見てみてください! http://www.dq11.jp/)。

 3Dの方がキャラクターもリアルなのですが、自分としてはどうにも方角などを把握するのがめんどくさい・・・ということで専ら2D表示でプレーしていました。

 そうしたところ、うちの八幡弁護士から、あり得ない、という冷たい視線を浴びせられてしまいました・・・(だいぶ誇張しています)

 とりあえず若者からの迫害にめげずに頑張りたいと思います。
 というわけで今後ともよろしくお願いいたします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付