企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【厚労省がブラック企業を公表!?】ホライズンメールマガジン▼第056号 2017/05/12

▼第056号 ホライズンメールマガジン

----------厚労省がブラック企業を公表!?

2017/05/12
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

1.最新トピックオピニオン

2.今週の更新情報

3.近況報告


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 厚労省ホームページで違法な長時間残業などの労働関係法令違反で書類送検された企業の情報が公開されるようになった。

http://www.asahi.com/articles/ASK5B5CVHK5BULFA01Y.html

 

 人手不足が深刻化している昨今、このような形で社名が公表され、さらに1年間掲載が続くというのは企業としてはかなり大きな影響を受ける。また、厚労省のホームページからは1年で抹消されても、それを保存してデータベース化していくようなサイトも出てくるであろうから、さらに影響は大きくなるだろう。

 刑事罰を受けること自体よりも、このような形で社名が公表される方がよほど制裁として重いといえる。

 

 書類送検まで至るケースというのは、基本的には重大な違反があるケースである。現状問題があるのであれば、やはりコンプライアンスの観点から少しずつでも改善に向けた取組を進めていく必要があるだろう。

 

 しかし、一点気になるのは、この公表が、書類送検のケースで行われていると言うこと。書類送検にあたっては慎重な捜査が行われていることは確かであろうが、送検だけではいまだ有罪となったわけではない。争っているようなケースで、仮に無罪となった場合などに、ここで公表したことが損害賠償などにつながる可能性もゼロではないように思われる。この点は今後の動きが注目されるところである。

 

 ちなみに、少し話は変わるが、企業によっては残業代の不払いがあるようなケースで、罰金払う方が安く済む、などと誤解しているケースがあるがあるが大きな誤解である。罰金を払うというのは刑事事件の手続であり、民事上の責任を免れられるわけではない。罰金を払った上に未払い分は払う義務があるのは当然である。



※ LEGAL NEWS TOPICS(毎週月曜更新)
>>> https://note.mu/horizonlaw/n/na00d28fc53d7
前の週の法律関連ニュースにコメントをつけてご紹介しています!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週の更新情報

当事務所が運営しているウェブサイトの更新情報です。


【1】人事労務(毎週火曜更新)
 『残業代の付加金とは?』
 >>> http://www.roumu-startline.net/topics/061

 未払い残業代などを請求される際に、同時に「付加金」として残業代と同額を請求される場合があります。そこで、今回はこの「付加金」について解説しています。


【2】ホライズンのオススメ!(毎週水曜日更新)
 『マグネット式microUSB変換アダプタ(上海問屋)』
 >>> https://note.mu/horizonlaw/n/n83dafce93dd6

 今回ご紹介するのはmicroUSB(タイプB)をマグネット式のコネクタに変換するアダプタです。スマホでよく利用されているmicroUSB(タイプB)は挿す方向を確認しなければならないことが欠点ですが、マグネット式に変換することで挿す方向を確認する必要がなくなります。


【3】企業法務(毎週木曜更新)
 『商品を買った人にくじを引いてもらう場合の法規制は?』
 >>> http://www.door-kigyouhoumu.net/topics/060

 前回に引き続き、景品表示法に関する問題です。商品を買った人にくじを引いてもらう場合の景品についても景品表示法で規制がされていますので、ご注意ください。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
>>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. 近況報告

 ゴールデンウィークも終わってしまった~と弱っているところでテレビ朝日の宇賀なつみアナウンサーの結婚話が聞こえてきて弱り目に祟り目の高井です。皆様いかがお過ごしでしょうか?

 しかし弱り目に祟り目とは書いておいてなんですが、個人的によくわからないのが有名人が結婚してショックを受ける人が結構いることだったりします。え、福山雅治が結婚したから有給取りたい?いや、有給は別に理由は問わないんで自由にどうぞ、とは思いますが、ショック受ける理由って・・・知り合いでもないですよね?とか思ってしまいます。普通に好きな人とタレントさんとかってちょっと位置づけ違う気がするんですが、そうでもないのでしょうか?
というわけで今回はこのあたりで。今後ともよろしくお願いします。

-----------------

 こんにちは、坂東です。

 妻が育てていた庭のバラを、事情あって昨年末にバッサリと切ってしまったのですが、数ヶ月で枝を伸ばし、以前よりずっと背丈は低いのですが、沢山のつぼみを付けて、花を咲かせました。

 植物ってたくましい!
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付