企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【同一労働同一賃金?】ホライズンメールマガジン▼第046号 2017/02/24

▼第046号 ホライズンメールマガジン

----------同一労働同一賃金?
2017/02/24
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

1.最新トピックオピニオン

2.今週の更新情報

3.近況報告

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
1.最新トピックオピニオン

 KDDIの労組が、契約社員についても正社員と同方式による賞与の支給を要求したことが報道されている。いわゆる同一労働同一賃金に関する議論から生まれてきた要求と考えられるところである。

http://www.asahi.com/articles/ASK2H5RGFK2HULFA028.html

 現在の運用では契約社員には賞与を支給していない、といった企業も多いと思われる。 ただ、同一労働同一賃金については、昨年12月20日に厚労省がガイドラインの案を策定している。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000144972.html

 このガイドライン自体抽象的な内容が多いし、今後の法改正の方向性によってどのように流れていくのかはまったく予断を許さない。

 ただ、このガイドライン案でも正社員と契約社員とが、責任面も含め同一の労働を担当している場合には、賞与の支給で差をつけることが問題であるとされている。

 今回の組合の要求についても今後、法的な意味で見直しを迫られる可能性はそれなりに大きいといえる。

 また、この問題を考える上では、労働契約法の改正で、有期雇用労働者が一定の要件を満たした場合に、無期雇用に転換するよう請求できるようになったことなども含めて考える必要がある。

 最近ではむしろ人手不足が深刻化している状況もあり、正社員化によって雇用維持を図るケースも相当程度あると考えられるためである。

 いずれにしても、今後この問題については議論が積み重ねられていくことが予想される。今後の展開を注視しておく必要があるところである。


※ LEGAL NEWS TOPICS(毎週月曜更新)
>>> https://note.mu/horizonlaw/n/n7f615dc7fbad
前の週の法律関連ニュースにコメントをつけてご紹介しています!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
2. 今週の更新情報
当事務所が運営しているウェブサイトの更新情報です。
 

【1】人事労務(毎週火曜更新)

『タイムカードがなければ残業代を払わなくてもいい?』
>>> http://www.roumu-startline.net/topics/051

 経営者の中には、「タイムカードを使っているとそのとおりに残業代を支払わなければならなくなるからタイムカードは使わない」等とおっしゃる方もいますが・・・

 

【2】ホライズンのオススメ!(毎週水曜日更新)
『ビジネスブックマラソン』
>>> https://note.mu/horizonlaw/n/n3d0b39cd2cb6

 今回ご紹介するのは無料メールマガジン「ビジネスブックマラソン」です。ビジネス書を中心に書籍を紹介してくれるのですが、なんと毎日配信されています。

 

【3】企業法務(毎週木曜更新)
『取締役会がない場合の代表取締役の決め方は?』
>>> http://www.door-kigyouhoumu.net/topics/050

 取締役会がある場合、代表取締役は取締役会で選任されます。では取締役会を廃止した場合はどうすればいいのか?というのが今回のご相談です。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
>>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. 近況報告

 早くも2月が終わりに近づいてしまいましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?弁護士の高井です。

 さて、今週は意図せずちょっとした実験をすることになりました。タクシーのワンメーターでどこまでいけるか?という実験です。

 ご存じの方も多いかもしれませんが、23区内では先月末からタクシーの初乗り料金が410円に引き下げられました。1キロちょっとまではこの料金ということです。

 で、時間が無くて裁判所に行くときに乗ってみたところ・・・ワンメーターではいけませんでした。同じく新橋駅前から事務所までもワンメーターでは無理。まぁざっくりした感想だと徒歩10分程度の距離までがワンメーターで収まる範囲のようです。

 というわけで、思ったよりサクサクメーターがあがってヒヤヒヤした!というレポートでした。今後ともよろしくお願いいたします。

-----------------
 こんにちは、坂東です。
 最近、二女(4月で中2になる予定)が優しく私の話を聞いてくれます。
 時事問題からアニメの話まで、私の好みの話ばかりなので、どう考えてもお付き合いしてくれている感じです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付