企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【事業活動と騒音問題】ホライズンメールマガジン▼第044号 2017/02/10

▼第044号 ホライズンメールマガジン

----------事業活動と騒音問題
2017/02/10
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

1.最新トピックオピニオン

2.今週の更新情報

3.近況報告

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 子どもの声がうるさい、として保育園に対し損害賠償等を請求していた事件で、裁判所は請求を棄却する判決を言い渡した。

http://mainichi.jp/articles/20170210/k00/00m/040/110000c

 知り合いが、ボードゲームなどをするお店を経営していたのだが、夜に営業していたところ、うるさいと苦情が出て、110番通報を何度もされてしまい、結局移転を余儀なくされたこともあった。

 保育園に限らず、音の問題は事業活動に影響を及ぼしかねないのである。そこで、この問題を少し検討してみたい。


 今回の報道によれば、騒音について受忍する限度を超えていないとして請求を棄却したようである。音の問題は完全に無音という状態はあり得ないので、基本的には騒音トラブルが違法といえるか否かは、受忍限度、つまり我慢すべき限界を超えているか否かという枠の中で評価される。そして、法律や条令などで一定の基準が設けられており、実際の計測値とその基準の比較などを重要な考慮要素として、我慢すべき限界を超えたか否かが表されるのである。

 

 結論として今回は我慢すべき限界を超えていないものと評価されたというわけである。

 このように、事業活動を考える上では、実際にどの程度の音が出ているかを客観的に計測するなどの対応が必要になってくる。

 また、いざトラブルになってしまうと苦情などが繰り返される可能性が高い。営業を続けていく上では、クレームがあった段階で、早めに話し合いをするなど、誠実な対応が必要になってくるだろう。


 なお、今回のケースで注目したい点は、保育園の公共性を理由として、特別に我慢すべき範囲を広げる、といった判断はされていないという点である。つまり、保育園についても、他の一般の事業などと同様の基準で評価されている。

 この点は、基本的には正しい判断だと思われる。公共性というのは非常に抽象的な概念であるし、むしろ保育園などの音の問題を明確にしたいならば、法律や条令でその旨定めていく方向性の方が適切と考えられるためである。

 

 いずれにしても、繰り返しになるが音の問題は今後トラブルが増えていくことは十分に予想される。事業活動を行っていく上で、注意が必要な問題である。

 

※ LEGAL NEWS TOPICS(毎週月曜更新)
>>> https://note.mu/horizonlaw/n/ne1395587b2f1
前の週の法律関連ニュースにコメントをつけてご紹介しています!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週の更新情報
当事務所が運営しているウェブサイトの更新情報です。


【1】人事労務(毎週火曜更新)
『業務委託契約であれば残業代を払う必要がない?』
>>> http://www.roumu-startline.net/topics/049

 業務委託契約や請負契約を結んでいる場合は労働者ではないので残業代も無いと考えている事業主の方も多いかと思います。しかし、いきなり自分は従業員だと言って残業代を請求され、結果として残業代を支払うことになった・・・というケースもありますので、注意が必要です。

 

【2】ホライズンのオススメ!(毎週水曜日更新)
『ガラクタ捨てれば自分が見える』
>>> https://note.mu/horizonlaw/n/n5270ee446a4a

 今回ご紹介するのはカレン・キングストン氏の著書『ガラクタ捨てれば自分が見える』です。なんだかモヤモヤするというときは、断捨離をしてみてはいかがでしょうか。

 

【3】企業法務(毎週木曜更新)
『秘密保持の誓約書をもらえば、契約書にしなくてもいい?』
>>> http://www.door-kigyouhoumu.net/topics/048

 秘密保持契約書を取り交わさずに、情報を受け取る側が開示する側に対して秘密保持の誓約書を差し入れるという方法をとる場合があります。今回はこの点を解説しています。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
>>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. 近況報告

 昨日はめちゃくちゃ寒かったですが・・・こんな日に限って福島へ出張。しっかり雪にまみれて参りました!

 しかし前にも書いたような気がしますが、なにか最近は台風が来たり雪が降ったりと天候がおかしいときに限って遠方の裁判の予定などが入っている気がします・・・よほど日頃の行いが悪いのでしょうか・・・

 そんなことない!と強く否定しつつ、今日も一日頑張りたいと思いますw
 というわけで、今後ともよろしくお願いいたします(タカイ)

--------------
 坂東より残念な報告です。

 先日、遅ればせながら本年初のラーメン二郎新橋店に行ってみたところ、店主が変わっていました。

 確認したわけではないのですが、麺が以前と異なっていて、おそらく新しい製麺機で作った麺(前より細めで角が明確)、茹であがりもやわらかめだったので、店主交代は事実ではないかと。。。

 常連認定も解消され、やわらか麺に打ちのめされ、途方に暮れております。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付