企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分
虎ノ門ヒルズ駅 徒歩7分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【常識とは?】ホライズンメールマガジン▼第273号 2021/10/15

▼第273号 ホライズンメールマガジン

----------常識とは?

2021/10/15

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

1.最新トピックオピニオン

2.今週のオススメ

3.近況報告
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 毎日新聞社が開催するパワハラ防止ウェビナーの告知内容が「パワハラを助長する」等として、SNSで物議を醸し、告知内容の一部が修正された。

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2110/12/news167.html

 

 修正前の告知内容では、修正前の告知内容では「権利意識が強い社員はいませんか? 部下にフォーカスし、ハラスメント問題を解決する! 部下の持つ『ものさし』を適正化するための『常識力』の高め方」が見出しにされていたという。

 

 なんとも残念な内容である。

 

 そもそも「常識力」とはなんだろうか?

 弁護士として、企業内における労働紛争や離婚などの家事事件をそれこそ山のように取り扱っている中で、紛争を巻き起こす一番の原因は「常識」という思い込みではないかと感じている。この観点を持つことで、紛争は相当数減らすことができると思われる。

 

 例えば、離婚の相談の場面では、自分が使っているときにトイレのトイレットペーパーが切れたらどうするか?というような場面である。

 切れたときに使った人が新しいトイレットペーパーに交換するという家庭で育った人と、次使う人が交換するという家庭で育った人が結婚した場合がある。

 本来であれば、元々違うルールで生活してきたことをふまえて、新しい家庭でどういうルールにしていくか、を決めていくべきところ、相手を非常識だ、と非難するようでは家庭生活はおぼつかない。下手をすれば、あなたの家庭は非常識だ、といった話になって大げんかになるかもしれない。

 こんなつまらないことで、と思われるかもしれないが、話し合って調整する、ということができないと、結局自分が育ってきたルールを相手にすべて押しつけていることに気づかずにトラブルが深刻化していってしまう。

 

 会社内でみても、「常識」を訴える人ほど、自分の意見を押しつけがちであり、周囲とトラブルになっているケースはよく見られる。

 上司が食事に誘ったのに断るなんてあいつは非常識な奴だ、といったところが火種となってパワハラなどの問題につながったりもする。

 また、それこそ残業代なんて出ないのが「常識」、有給休暇なんて取らないのが「常識」だという主張が受け入れられないことは自覚すべきである。

 

 人間は、どうしても自分が育った環境で行われていたルールが世の中全部で当然のルールだと思い込みがちである。ただ、実際には我が家、我が社の常識は世間で見れば非常識というのはよくあることである。

 下手をすれば今回のセミナーの告知内容は、「常識」の名の下に部下を洗脳することがハラスメント対策だ、と訴えているようにも読めるところであり、不適切との誹りは免れられないだろう。

 また、「権利意識」という表現も、権利ばかり主張してうるさい奴、というネガティブイメージを伴っている表現である。どういう趣旨で書かれたのかは不明であるが、セクハラやパワハラの被害を訴えてきた従業員に対して、権利意識が高い従業員と見るのであれば世の中の流れを完全に見誤っているといえるだろう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週のオススメ

 当事務所では毎週水曜日に「ホライズンのオススメ!」を更新しています。

【ホライズンのオススメ! №281】クイズ王式ダイエット
 >>> http://www.horizon-law.jp/news/quiz-diet/

 今回は読書の秋ということで高井弁護士のオススメ書籍をご紹介。著者の古川氏はなんと48キロのダイエットに成功したそうです。ダイエットに興味のある方はぜひ読んでみてください。

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。

ぜひ「いいね!」をお願いします。
>>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. 近況報告

 群馬県知事が魅力度ランキングがけしからん!と怒って法的措置を取ると息巻いているようですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?群馬県出身の弁護士の高井です。

 いやー、群馬はいいとこなんですけどね。なんか名物になるような食べ物欲しいですよね。下仁田葱とかこんにゃくとかいいんですけど、やっぱりここに行ったらこれを食べるというようなものがあると良いような気がしています。ぜひ頑張って欲しいところです。

 

 で、当事務所の裏でずっと工事をしていたビルが今年の6月ころに完成してだいぶきれいに整備されました。

 先日ふらふらと歩いていたら自転車の駐輪場を発見!

 へーと思って見てみると、どうもビルの利用者でなくても問題なく使えるようです。預けると地下のスペースに保管されるタイプで・・・しかも、え!?利用料一か月間3000円!?
びっくりしてしまいました。大学時代に南浦和駅前で借りた駐輪場と同じ!

 最近自転車で来たときは近くにある区の設置した駐輪場に止めたりしていたのですが混みすぎているし雨ざらしだしでどうしようかなーと考えていたところにまさかの発見でした。

 あわてて自転車を持って行き点検してもらって早速手配しました。
 まぁこれから気候も良い時期ですし、頑張って自転車こぎたいと思います。

 

 というわけで今週はこのあたりで。
 今後ともよろしくお願いします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付