企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分
虎ノ門ヒルズ駅 徒歩7分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【雇用と業務委託】ホライズンメールマガジン▼第260号 2021/07/09

▼第260号 ホライズンメールマガジン

----------雇用と業務委託

2021/07/09

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

 

1.最新トピックオピニオン

2.今週のオススメ

3.近況報告

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 委任契約に基づいて個人事業主として稼働していたヤマハ英語教室の講師らが雇用への切りかえを求めていた件で、雇用契約への切りかえが認められたとの報道がなされている。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021070700907&g=soc

 

 雇用契約となると、有給休暇や雇用保険といった制度が認められる一方で、雇用に基づくルールには従う必要が出てくる。

 実際、自由な働き方が希望で雇用ではなく個人事業主で稼働しているケースは相当数あるように思われ、今回のケースでも雇用への切りかえを希望した人は全体の1割程度のようである。

 業務委託契約や委任契約といった形が問題、といった論調を見かけることがあるが、必ずしもそうとは限らない点は意識しておくある。

 

 もっとも実質的には雇用であるにもかかわらず、残業代規制や解雇規制と行った労働者保護を回避するために業務委託といった形で契約をしているようなケースが問題視されることは避けられない。実際に、実質的に見れば雇用であるとして残業代請求等のトラブルになっているケースは少なくない。

 契約の名称ではなく実態に即した形での対応をしていくことが必要となる。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週のオススメ

 当事務所では毎週水曜日に「ホライズンのオススメ!」を更新しています。

【ホライズンのオススメ! №268】プロティンバーの次はコレだ!!「BODY STARプロテインスナック」
 >>> http://www.horizon-law.jp/news/body-star/

 今回は田島弁護士オススメのスナック菓子をご紹介しています。一袋(約40g)でたんぱく質20gとは驚きですね。筋トレをしている方もそうでない方も一度試してみてはいかがでしょうか。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. 近況報告

 東京はまた緊急事態宣言のようですが、どうなってしまうのでしょうか?弁護士の高井です。

 先日、弁護士会の身分証を更新しなければならない、ということで5年ぶりに必要になったのが証明写真。

 写真なんて好き好んで取りたくもないのですが、仕方ないので撮ってきました。もちろんスタジオで撮ったりはせず例の機械で・・・あれ、普通の人はあんまり感じないんだと思うんですが・・・狭いんですよね・・・Lサイズとか、LLサイズとか作って欲しいです。

 でも最近のは割ときれいに撮れてびっくりでした。いやー、めっちゃ光当たってるし。まぁ最近はプリクラとかも凄いことになってるらしいですし、そのうち証明写真もやたら目が大きくなったりするかもしれません。今後に注目です。

 

 さて、お伝えしている事務所開設10周年記念セミナーですが、こんなご時世ですのでオンラインで、8月と9月の2回実施したいと思います。

 テーマは、最近ご相談が多い、「退職勧奨のやり方と注意点」、と「精神疾患で労災申請への協力を求められた場合の対応」の2つで予定しています。

 詳しい日程等はまた来週号外にてお送りしたいと思いますのでそちらをご注目下さい。

 というわけで今週はこのあたりで。
 今後ともよろしくお願いします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付