企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【週休3日制で労働時間短縮!?】ホライズンメールマガジン▼第026号 2016/09/30

▼第026号 ホライズンメールマガジン

----------週休3日制で労働時間短縮!?
2016/09/30
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

1.最新トピックオピニオン

2.今週の更新情報

3.近況報告

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 

 Yahoo!が週休3日制への移行を検討していると報道された。

http://digital.asahi.com/articles/ASJ9W51J8J9WULFA011.html

 

 人工知能を活用して効率を上げ、労働時間短縮を図るという方針とのこと。長時間労働が問題となっている昨今では非常に興味深いニュースである。 

 人工知能などの活用でこれから業務効率は大きく改善されることが予想される中で、非常に思い切った方針だと思う。

 

 他方でやはり気になるのは労働時間規制との関係。

 現行法では、週休3日にしたとしても、出勤日に1日8時間を超えて働けば時間外の割増賃金を払う必要がある。割り切って、それでいいのだ!という考え方もあるだろうが、本当にそれでいいのかは議論すべきだろう。所定労働時間自体が短いので、 時間単価も高くなるし…と細かいことを考えてしまったりする。

 

 もっとも、これを解決するとなると、フレックスタイム制か変形労働時間制を導入し、1日8時間以上働いても時間外手当が発生しないようにする必要があるが、週の所定労働時間は増えることになって、仮に週32時間で仕事が終わっても帰れないことになり、本末転倒になりかねない。

 

 また、仮に週休3日にしたとして、例えば持ち帰り残業が増えるのでは?といった懸念もあるし、休みの日にも電話やメールなどの業務対応を余儀なくされるとすれば、それは労働時間では?という疑問が残る。

 いずれにしても今回のアグレッシブな改革と、現状の法規制の間にはなかなか難しい隔たりがあるように思えてならない。やはりもう少し法律の規制も柔軟さが欲しいところである。

 

※ LEGAL NEWS TOPICS(毎週月曜更新)
>>> https://note.mu/horizonlaw/n/n3f784b4f2d56
前の週の法律関連ニュースにコメントをつけてご紹介しています!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週の更新情報

 当事務所が運営しているウェブサイトの更新情報です。

 

【1】人事労務(毎週火曜更新)
 『雇用契約書を作らないと違法?』
 >>> http://www.roumu-startline.net/topics/031

 雇用契約書がない会社は意外と多いです。採用後に労働者とトラブルになった際に契約書がないことが問題にされたりしますが、法律上、作成義務があるかというと・・・

 

【2】ホライズンのオススメ!(毎週水曜日更新)
 『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』
 >>> https://note.mu/horizonlaw/n/nb3c197e6043c

 今回オススメするのはUSJのCMO(チーフ・マーケティング・マネージャー)、森岡毅さんの本です。

 

【3】企業法務(毎週木曜更新)
 『株主に利益供与をして総会で賛成してもらう?』
 >>> http://www.door-kigyouhoumu.net/topics/031

 今回は株主に対する利益供与の問題です。株主から暗に利益供与を求めるような言動があった場合に対応に困ることもあるかと思いますが、どう対応すべきか解説しています。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
>>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. 近況報告

 いよいよ9月も終わりになり、東京は急に秋めいて参りましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?弁護士の高井です。

 今週のオススメではUSJの森岡さんの本をご紹介させていただきましたが、せっかくなのでちょっとUSJの感想でも。

 なんというか、実はテーマパークに行ったの自体、20年以上ぶりという非常にレアな経験をさせてもらいました。で、せっかくなので!ということでブルジョアぶりを発揮してエクスプレスパスなるものを購入してみました。いやー、フライングダイナソーとかハリーポッターとか普通に2時間とか3時間待ちって・・・すみません、無理です。

 まぁ、資本主義の権化が!などと叩かれると森岡さんも講演で言ってたりしますが、でもたとえば半日しか行けない人がパークを堪能する方法があるのかないのか(もちろんそのためにお金はかかるけれども)、という意味では絶対あった方が良いと思うんですが、どうでしょう。

 で、アトラクションの感想ですが、ハリーポッターは映画も見たことがないので、へ?という感じでしたが、なかなか面白かったのがフライングダイナソーです。この体制・・・どっかで・・・あ!と思ったのがタケコプター!恐竜ではなくタケコプターで全力で飛んでるイメージでした。

 というわけで、実は結構絶叫系大好きなんです!というカミングアウトをしてみたところで今週はこのあたりで。

 今後ともよろしくお願いいたします。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付