企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分
虎ノ門ヒルズ駅 徒歩7分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【コロナ不況と雇い止め】ホライズンメールマガジン▼第252号 2021/05/14

▼第252号 ホライズンメールマガジン

----------コロナ不況と雇い止め

2021/05/14
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

 

1.最新トピックオピニオン

2.今週のオススメ

3.近況報告

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 阪急阪神ホテルズが運営するホテルで働くパート従業員219人が、3月末で雇い止めをされたとして、ユニオンが記者会見を行った。

 

https://mainichi.jp/articles/20210513/k00/00m/040/231000c

 

 観光関連や飲食関連など、長引くコロナ禍で経営状況の悪化が続いている。

 企業としても出来る限りの対策は行うにしても、現在も緊急事態宣言が出されている状況の中で、企業努力ではいかんともし難い部分がある。

 結果として、人員削減を余儀なくされているケースは少なくなく、実際に相談を受けるケースもかなり増加しているのが実情である。

 

 今回報道のケースも、219人というかなり大人数を対象とした雇い止めであり、経営状況がかなり悪化していることが推察される。

 正社員の雇用を維持するために非正規雇用の社員の契約を解消していくことは広く認められており、法的には契約解消はやむを得ないものと評価される可能性は高いように思われる。

 ユニオンが雇用継続を求めて団体交渉を行って行くにしてもなかなか解決は難しいだろう。

 

 ただ、いずれにしても企業側としては経営状況を踏まえた雇い止めの必要性を丁寧に説明していくことが必要となってくる。

 人員削減を行う場合、説明の仕方如何でトラブルになったり円満に解決できたりということもあったりするので、丁寧な進め方が求められるところである。

 実際、説明の仕方をどうするか、といったレベルで相談をしてもらうことでより適切な対応を選択し、紛争を回避できているケースは少なくないように思われる。

 早めに相談することでトラブルを回避することは厳しい経営状況の中ではより一層重要になるので、ぜひ積極的に活用していただきたい。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週のオススメ

 当事務所では毎週水曜日に「ホライズンのオススメ!」を更新しています。

【ホライズンのオススメ! №260】ビッグバン★セオリー
 >>> http://www.horizon-law.jp/news/bigbangtheory/

 今回は戸島弁護士オススメの海外ドラマ「ビッグバン★セオリー」です。ギーク(オタク)な物理学者が主人公の恋愛コメディ。1話も短いので気軽に見ることができそうです。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. 近況報告

 コロナワクチンを巡るトラブルの報道が続々と届いていったいどうなることかと不安を感じる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?弁護士の高井です。

 

 個人的な話で、実は落語を聞くのが好きだったりするのですが、最近は落語会も割と自粛の影響でチケットが売れにくいようで。普段だったら人気の落語家さんのチケットも余っていたりします。

 そんな中、先日12日に、超ビッグイベント?のチケットが売り出されました。伊集院光さんが円楽師匠と2人で落語会をやるというのです。

 落語家を辞めて以来20数年ぶりに高座に上がる、ということのレア感満載のこのイベント。席数を半分にして1回約500人の昼夜公演のチケットが発売から10秒くらいで完売という超激レアチケットになっていました。

 で、ここまで書くと、まさか取れたのか?と思われたかもしれませんが、残念ながら発売のタイミングで仕事が入っていてそもそも参戦できず・・・まぁどうしても!という程の熱さはなかったので、ファンの人が行ってもらえればいいなぁと思っていたら!案の定10倍くらいの値段で早速転売されているみたいです。

 ほんと辞めて欲しいですね・・・捜査機関もそうですし、税務署の方なども、こういった転売ヤーさんをしっかり調査して欲しいところです。

 

 というわけで今週はこのあたりで。
 今後ともよろしくお願いします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付