企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分
虎ノ門ヒルズ駅 徒歩7分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【名ばかり取締役!?】ホライズンメールマガジン▼第250号 2021/04/30

▼第250号 ホライズンメールマガジン

----------名ばかり取締役!?

2021/04/30
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

 

1.最新トピックオピニオン

2.今週のオススメ

3.近況報告

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 取締役の地位にあった人物について、労災認定が認められた。

https://www.bengo4.com/c_5/n_12989/

 

 本来労災制度の対象外である取締役について、実態を踏まえて労働者であると認定された点に特徴がある。

 

 実際、労働法の規制が厳しいことを踏まえ、取締役にすれば残業代を払わなくていいなら取締役にしておきたいのだが大丈夫か?といった相談を受けるケースがある。

 また、辞めてもらいたいが解雇するとなると争われて面倒なので、いったん取締役にしてから任期満了で再任せずに退任させたいと思うがどうか?といった相談もあったりする。

 ただ、いずれにしても取締役としての実態がなく、実質的に従業員に他ならないようなケースでは、労働法の規制を潜脱するものとして、争われるケースは珍しくない。

 特に、元々従業員だった人物を役員に昇格させたようなケースではなおさらである。

 

 今回の報道のケースでも問題となっているが、最終的に労働者であることを前提に、安全配慮義務違反での損害賠償が請求されており、その中では、残業代なども労基法の規制に則った形で損害に含まれている。

 役員にしておけばどうにでもなる、といった安易な発想は非常に危険である。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週のオススメ

 当事務所では毎週水曜日に「ホライズンのオススメ!」を更新しています。

【ホライズンのオススメ! №258】カップヌードルPRO

 >>> http://www.horizon-law.jp/news/cupnoodle-pro/

 今回は田島弁護士による「カップヌードルPRO」の実食レポです。従来より高たんぱく&低糖質なカップヌードル。ハイプロテイン謎肉・・・気になります。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. 近況報告

 弁護士の高井です。
 緊急事態宣言中のゴールデンウィーク、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 自分はといいますと、昔は連休前となるとレンタルビデオショップで何本も並んだ話題作がことごとく貸し出し中になっていたなぁとふとしたきっかけに思い出してしみじみしていました。何話もあるドラマを借りようとすると良いところの1本だけ貸し出し中でめちゃくちゃ悔しい思いをしたのも懐かしいですね。

 いつでも好きな動画が見られるというのは本当に便利になったものです。

 

 さて、全く話は変わりますが、私どもの事務所も、今の場所に移転し、早くも1年が経ちました。

 なかなかコロナも落ち着かない中で、先行き不透明なところではありますが、出来る限り皆様のお役に立てるよう、所内一丸となって進んで参りますので、引き続きお付き合いの程よろしくお願いいたします。

 というわけで今週はこのあたりで。
 今後ともよろしくお願いします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付