企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分
虎ノ門ヒルズ駅 徒歩7分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【コロナと整理解雇】ホライズンメールマガジン▼第247号 2021/04/09

▼第247号 ホライズンメールマガジン

----------コロナと整理解雇

2021/04/09
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

 

1.最新トピックオピニオン

2.今週のオススメ

3.近況報告

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 新型コロナの影響で業績が悪化したことを理由としてなされた解雇について、解雇を無効として賃金の仮払いを命じる仮処分決定を福岡地裁が言い渡した。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/95959

 

 コロナの影響で業績が悪化している企業は少なくなく、最近人員削減に向けた相談を受けることは多い。

 ただ、会社側の業績不振を理由とするいわゆる整理解雇については、労働者側に責任がない解雇であるため、その有効性は通常の解雇よりもさらに厳格に捉えられる傾向にある。

 一般に、整理解雇が有効と判断されるためには、1)人員削減の必要性、2)解雇の回避努力の実践、3)人選の合理性、4)解雇手続きの妥当性という4つの要素を満たす必要があるとされるところである。

 

 今回のケースでも、人員削減の必要性自体は認められたものの、その他の点で無効と判断されたようである。

 ただでさえ経営状況が悪化している企業としては、非常に苦しい対応を要求されることになる。

 争われたとしてもしっかり争うことができるようにするためにも、いざ解雇の前に出来る限り慎重な対応が求められるところである。

 

 もっとも、他方で実際に企業業績が悪化している状況で、緊急性が高いようなケースでは、覚悟を決めて解雇を決断せざるを得ない場合も多い。

 ただ、決断を行う前提として、やはり法律の枠組みはふまえた上で、どう決断していくか、その見極めはしっかりと行う必要があるだろう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週のオススメ

 当事務所では毎週水曜日に「ホライズンのオススメ!」を更新しています。

【ホライズンのオススメ! №255】森のくまさん
 >>> http://www.horizon-law.jp/news/mori-no-kuma-san/

今回は戸島弁護士のオススメ、日本酒「森のくまさん(純米大吟醸無濾過生原酒)」をご紹介。2016年の震災で被害を受けた熊本城の復興のために作られた日本酒です。ラベルがかわいいです。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. 近況報告

 緊急事態宣言がようやく明けたと思ったら今度はまん延防止等重点措置だそうで。なにがなにやらもはやよくわからなくなっていますが皆様いかがお過ごしでしょうか?弁護士の高井です。

 さて、最近は大きなニュースがあるとスマホにいれてあるニュースアプリがポップアップで告知をしてきますよね。うっとうしいなぁと思ったりもしますが、見てびっくりすることもしばしば。

 最近では、えー!田中邦衛さん亡くなっちゃったの・・・橋田壽賀子さん亡くなっちゃったの・・・といったニュースで驚くやら悲しむやらしている合間に、有吉と夏目三久が結婚!?なんてニュースが届いてもっとビックリしたりという感じですが・・・ニュースアプリ4つもいれてあると同じニュースが次々と届いてやっぱりうっとうしいですねw

 というわけで今週はこのあたりで。
 今後ともよろしくお願いします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付