企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【同一労働同一賃金ウイーク】ホライズンメールマガジン▼第223号 2020/10/16

▼第223号 ホライズンメールマガジン

----------同一労働同一賃金ウイーク

2020/10/16
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

 

1.最新トピックオピニオン

2.今週のオススメ

3.近況報告

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 正社員と非正規社員との待遇格差が問題となった事案で、最高裁が立て続けに判決を言い渡した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020101300528&g=soc

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020101500801&g=soc

 

 結論としては、ボーナスや退職金の支給の是非が争われた事件では、支給を認めない判断を示したのに対し、扶養手当などの手当については格差を不合理とした判決となっている。

 

 平成30年6月1日に言い渡されたハマキョウレックス事件・長澤運輸事件に続く同一労働同一賃金を巡る最高裁の判断と言うことで、その持つ意味合いは非常に大きいところである。

 

 特に、扶養手当などについては規定されている企業も多く、実務的にも影響が大きくなるだろう。

 また、賞与や退職金についても、不支給とすることが当然に有効とされる訳ではない点はやはり注意が必要となる。

 

 今回の判決を受け、今後、非正規の社員が処遇の改善を求める動きは増えてくる可能性は高い。

 企業としてもあらためて人事制度の見直しが求められると言えるだろう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週のオススメ

 当事務所では毎週水曜日に「ホライズンのオススメ!」を更新しています。

【ホライズンのオススメ! №231】ブックダーツ
 >>> http://www.horizon-law.jp/news/book-darts/

 今回は、高井弁護士のオススメ「ブックダーツ」です。本を読むときにしおりのように利用します。最近は電子書籍で読むという方も多いですが、たまには紙の本を読むのもいいですね。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. 近況報告

 判決文を見ようとアクセスが集中したのか、昨日は一時的に最高裁のホームページにアクセスできない事態にまでなっていたのが印象的でした。皆様いかがお過ごしでしょうか?弁護士の高井です。

 今週のオススメでも書いたのですが、今さら感覚はめちゃくちゃありますが、ハリーポッターシリーズを読み始めました。

 いや、確かに面白いですね。発売されたのが1997年でもう20年以上も前というのがちょっと信じられないですが。USJで魔法の杖が売れているのがようやくわかった気がします。

 

 さて、まぁそれはともかくとして大事な最高裁判決が言い渡された、ということで、来月は今回言い渡された同一労働同一賃金を巡る判決についての勉強会をまたオンラインで開催したいと思います。日程等詳しくは改めてお知らせします。

 あと今月29日に開催の兼業・副業の勉強会も引き続き参加受け付けております。ぜひこちらもご参加下さい。

 https://www.door-kigyouhoumu.net/seminar/online_20201029

 というわけで今週はこのあたりで。
 今後ともよろしくお願いします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付