企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【勝手に在宅勤務?】ホライズンメールマガジン▼第219号 2020/09/18

▼第219号 ホライズンメールマガジン

----------勝手に在宅勤務?

2020/09/18
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

 

1.最新トピックオピニオン

2.今週のオススメ

3.近況報告

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 今年の3月に海外から帰国した後、新型コロナへの感染を懸念して行った在宅勤務中の給与を減額されたのは不当だとして、損害賠償を求める訴訟が提起された。

 

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091700962&g=eco

 

 いまいち報道からは事情がわかりにくいが、校長らと「相談した」とはなっているが、認められないまま勝手に在宅勤務をしたということなのだろうか?

 校長が認めて在宅勤務をしたのに欠勤扱いにしたとすればそれは問題だろうが、認めていない中で自己判断で在宅勤務としたのであれば欠勤扱いとされたのは当然のように思われる。

 

 そうはいってもいよいよこういう裁判を起こす人が出てきたか、といった印象である。

 新型コロナへの受け止め方は本当に人それぞれで、在宅勤務の希望が出されたり、営業への配転をしようとしたらコロナの中で人と会う仕事はしたくない、といった意見で反発されたりといった相談は多い。

 

 もちろん感染拡大を避けるための配慮は必要であるが経営上の判断としては出来ることとできないことがあるのは当然であり、全部の希望に添えないのはやむを得ない。

 ただ、このケースのように認めていないのに勝手にやられてしまうようなことになると、場合によっては厳しい対応をせざるを得なくなることもある。

 

 しっかりと話し合いをして、感染症対策と経営のバランスをきちんととりながら進めることが重要である。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週のオススメ

 当事務所では毎週水曜日に「ホライズンのオススメ!」を更新しています。

【ホライズンのオススメ! №227】NAVITIME
 >>> http://www.horizon-law.jp/news/navitime/

 今回は高井弁護士がNAVITEMEをご紹介しています。昔からある道案内サービスなのでご存知の方も多いと思いますが、有料版には自転車に乗る人にとって便利な機能があるようです。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. 近況報告

 いよいよ明日から4連休!ということでなんとなく浮き足だった感じもしますが皆様いかがお過ごしでしょうか?弁護士の高井です。

 個人的には4連休といっても出かけるにもまだなんとなく落ち着かず、どうして過ごそうかなぁと思案しているところです。

 ただ、この前友人とも話していて、今年は遠出をするわけでもなく、ステイホームで過ぎ去っていっているので本当に思い出というものがないなぁという話になりました。

 確かに今年遠出をしたというのは2月初めの福井でのセミナーくらいだったりします。

 仙台でやっている事件なども、ことごとく電話会議での対応になっていますし。

 まぁそんなわけでこの近況報告も華々しいネタがないわけですが、早く落ち着いて楽しく過ごせる日々が戻って欲しいなぁと切に願う今日この頃です。

 というわけで今週はこのあたりで。
 今後ともよろしくお願いします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付