企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【個人事業主で大丈夫ですか?】ホライズンメールマガジン▼第206号 2020/06/05

▼第206号 ホライズンメールマガジン

----------個人事業主で大丈夫ですか?

2020/06/05
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

 

1.最新トピックオピニオン

2.今週のオススメ

3.近況報告

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 個人事業主として扱われていたヤマハ英語教室の講師について、組合との交渉の結果、雇用制度を導入される方向との報道がなされている。

https://www.asahi.com/articles/ASN637HCWN57PTIL01H.html?iref=comtop_8_04

 

 雇用となると最低賃金や有給休暇、残業代の支払義務、解雇規制など、様々な制限が出てくることを嫌って雇用ではなく個人事業主として請負契約を締結しているケースは珍しくない。

 ただ、これらの保障がないことに対して後々トラブルとなるケースも確実に増えてきている。

 

 会社によっては、メリットもデメリットも説明した上で選択しているのだから今さら雇用といわれても納得できない、等と主張されるケースもある。

 ただ、雇用なのか請負なのかは契約の名称ではなく実態に即して判断されるものとされている。

 指揮命令下に置かれていると評価される場合には雇用であるし、裁量が広く独自の裁量で仕事をしているとすれば請負となる。

 

 ともすると労働法の規制をかいくぐるために制度を悪用しているといった悪評が立ちかねないところであるので、運用については慎重に考えなければならないだろう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週のオススメ

 当事務所では毎週水曜日に「ホライズンのオススメ!」を更新しています。

【ホライズンのオススメ! №213】MIGACOT(ミガコット)
 >>> http://www.horizon-law.jp/news/migacot/

 今回は田代弁護士が携帯用歯磨きセット「MIGACOT(ミガコット)」をご紹介しています。とてもスタイリッシュで、一見すると歯磨きには見えません。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. 近況報告

 緊急事態宣言がようやく解除されたと思ったら、今度は東京アラートだそうで、どうにも落ち着かない日々が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?弁護士の高井です。

 第二波が・・・といった報道を聞く度にそもそも第一波が収まってないのでは?という気がしてならないのですがなんとも複雑なところです。

 

 そうそう、最近流行の断捨離なんてものをやってみようと思いまして、手始めに自宅の本棚などを整理しはじめてみました。

 引っ越しなどの時にだいぶ減らしたつもりではあるのですがまだまだ大きめの本棚に一本。ちなみにマンガは別枠扱いですのでやっぱり多いですね。

 ただ、恐ろしいことに半分くらいは読んでないという積ん読状態。しかももっと恐ろしいことに見てみると、おぉこれは面白そう、と思うものが結構あったりします。

 ということで、せっかくはじめた断捨離もなかなか進まず、結局読んでから処分しようと方針転換するに至った次第です。


 というわけで今週はこのあたりで。
 今後ともよろしくお願いします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付