企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【本当は怖いテレワーク?】ホライズンメールマガジン▼第200号 2020/04/24

▼第200号 ホライズンメールマガジン

----------本当は怖いテレワーク?

2020/04/24
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

 

1.最新トピックオピニオン

2.今週のオススメ

3.近況報告

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 新型コロナウイルスの拡大を受けて、急速に拡大しているテレワーク。

 企業側からしてみれば管理できないことに不安を感じる一方で、むしろ働き過ぎる?といった記事を目にした。

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/602236/

 

 確かに、自宅で仕事をすることになると、どうしてもオンとオフの切り替えがうまく出来ない従業員も出てくることは避けられず、従業員に過度な負担となる可能性は十分にある。

 この点、今は緊急事態ということでなんとなくおざなりになってしまっている部分もあるが、企業側として絶対に忘れてはならないのはテレワークも雇用契約に基づく労務の提供なので、労働基準法等の諸々の法規制がかかってくるという点である。

 

 以前、厚労省が出したテレワークに関するガイドラインは、非常事態だからといって放棄されたわけではない。

https://www.mhlw.go.jp/content/000553510.pdf

 

 中には、「就業規則を整備する」「労働時間を管理する」といった雇用契約における当然のルールがテレワークに適用されることが記載されている。

 

 もちろん緊急事態であるので、事前に万全に対応できたケースは少ないだろう。

 ただ、テレワークの導入によって、残業代が出なくなった、であるとか、家にいる時間が増えて電気代が増えた、といった身近なところで従業員が不満を感じてくる可能性がある。

 そんな中で、例えば毎日深夜に送信した業務のメールを証拠に残業代を請求される、といった可能性も企業としては抱えているといえる。

 

 緊急事態の中で、すべてを完璧に行うことは不可能だろうが、せめて労働時間の適切な設定と管理をどう行うか、という点(休憩時間の設定を含む)とテレワーク下での労働条件について明示して納得してもらっておく、といった点は最低限必要だろう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週のオススメ

 当事務所では毎週水曜日に「ホライズンのオススメ!」を更新しています。

【ホライズンのオススメ! №207】檸檬堂
 >>> http://www.horizon-law.jp/news/lemon-do/

 今回は田島弁護士オススメのレモンサワー『檸檬堂』です。4種類発売されていますが、中でも田島弁護士のオススメは鬼レモン(アルコール9%)だそう。飲みすぎにはご注意ください。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

4. 近況報告

 ゴールデンウィークは去年が10連休、今年は12連休が要請されているとすると、来年はきっと14連休なんじゃないかと夢が膨らむ今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか?弁護士の高井です。

 いや、ほんとに来年は平和なゴールデンウィークであって欲しいと切に願いますね。

 

 さて、今日のメルマガでもとりあげたテレワーク、ある会社さんではサボってないか確認したいので、テレビ会議ずっと繋ぎっぱなしにして在席確認する、と従業員に提案したところ総スカンであえなく撤回を余儀なくされたという話も。まぁ実際にやったらパワハラと言われてしまうような気もかなりするので撤回でよかったのではないかと思っています。

 

 あと、先日20日にZoomを使って初の試み、オンラインセミナーを開催させていただきました。メルマガで告知しただけだったのですが、なんと36人もの方にご参加いただきまして、本当に感謝いたしております。

 途中ちょっとトラブルはありましたが、ご参加いただいた方からは概ねご好評いただいたようですので、またぜひ企画をしていきたいと思います。

 

 で、こんな時期になんなんですが、事務所移転のご案内です。
 私どもの事務所はこの週末に新しい場所に移転をいたします。

【新住所】
 東京都港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階
 電話 03-6206-1078 FAX 03-6206-1079
(地図)http://www.horizon-law.jp/news/news-202004/

 27日、28日は移転のため、電話の受付を停止させていただきますのでご容赦ください。

 本当であればお近くにお越しの際はお気軽にお越し下さい、と書きたいところなのですが、なかなか書きにくい時期なのが本当に残念です。

 

 というわけでこのメルマガもついに200号を迎えることができました。
 また新しい事務所で心機一転201号からスタートしたいと思います。

 今後ともよろしくお願いします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付