企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【育休復職直前の解雇は無効?】ホライズンメールマガジン▼第193号 2020/03/06

▼第193号 ホライズンメールマガジン

----------育休復職直前の解雇は無効?

2020/03/06
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

 

1.最新トピックオピニオン

2.今週のオススメ

3.近況報告

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 育休から復帰直前に解雇された保育士が解雇の効力を争った裁判で、解雇は違法・無効とする判決が言い渡されたとの報道がなされている。いわゆるマタハラに関する裁判である。

https://www.chunichi.co.jp/s/article/2020030401002364.html

 

 この点、育児休業については妊娠・出産・産前産後休業及び育児休業等の申出又は取得を理由とする解雇その他不利益な扱いが禁止されている。

 ただ、解雇が絶対に禁止されているわけではなく、例えば会社の業績不振といった事情がある場合には、解雇を行うことも可能となる。

 

 もっとも、法律で不利益取り扱いを禁止することが明示されていることの意味は重いと言える。

 今回の報道の事案のように、実際に解雇を行った場合に、育休等の取得以外の理由を会社側が主張したとしても、従業員側が育休等の取得を理由とするものだと主張してくることは十分にあり得る。

 そのような場合に実質的な解雇の理由が育休等の取得を理由とすると判断されれば、やはり無効と判断されることになってしまうところである。

 

 今回の事案では解雇の理由は、反抗的態度等の主張を行ったようであるが、それが育休明けのタイミングである必然性は基本的にはないと考えられることからすると、やはり解雇が有効と評価されるハードルは高いといえる。

 慎重な対応が必要だろう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週のオススメ

 当事務所では毎週水曜日に「ホライズンのオススメ!」を更新しています。

【ホライズンのオススメ! №201】ハイビスカス&ローズヒップティー
 >>> http://www.horizon-law.jp/news/hibiscus-and-rosehip-tea/

 今回は八幡弁護士のオススメ、ハイビスカス&ローズヒップティーです。ビタミンが多く含まれるので、美容効果があるほか、爽やかな酸味で気分転換にも良さそうです。成城石井で購入できます。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

4. 近況報告

 突然学校が休みになるなど混乱がますます大きくなってるように思いますが皆様いかがお過ごしでしょうか?弁護士の高井です。

 個人的には最近は手を洗う機会が以前の10倍以上になっているので、手荒れが激しいなぁ・・・と思っているところですが、やっぱり感染予防には仕方ないところですよね。珍しくハンドクリームを持ち歩いていたりします。

 あと、先日医者の友達がFacebookにめちゃくちゃ長文の文章を載せていてなにかと思ったら、毎朝熱を測って熱があったら外出するな、ということを徹底しましょう!ということでした。

 そうだよなぁ、ということで、最近は毎朝とりあえず体温を測って熱がないことを確認してから外出するようにしています。平熱はどうやら36.3度くらいの模様です。

 いろいろ混乱が広がっていますが、とりあえずこんな感じで穏やかに暮らしている、ということで最近の近況報告でした。

 皆様もお気をつけ下さい!
 今後ともよろしくお願いいたします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付