企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【労働事件も同じ?法務大臣の失言問題】ホライズンメールマガジン▼第186号 2020/01/17

▼第186号 ホライズンメールマガジン

----------労働事件も同じ?法務大臣の失言問題
2020/01/17

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

 

1.最新トピックオピニオン

2.今週のオススメ

3.近況報告

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 ダイヤモンドオンラインを見ていたら、「ゴーンに惨敗した日本、森法相の大失言が世界に印象付けた「自白強要文化」」というタイトルの記事が目にとまった。

 

https://diamond.jp/articles/-/225890

 

 法務大臣が会見で、「ゴーン被告は司法の場で無罪を証明すべきだ」と失言したことについてのものである。

 刑事訴訟では無罪推定の原則があり、有罪であることを証明する責任は検察官にあり、有罪であることを証明できなければ被告人は無罪となる。そうであるにもかかわらず、ゴーン氏が無罪であることを証明する責任があるかのように発言したのは大失言というほかないだろう。

 

 ただ、大失言であるとはいっても、実際の裁判で同じように感じることは珍しくない。

 これは、刑事裁判に限らず、労働事件を使用者側で戦っているケースでも常に感じるところである。

 例えば残業代請求の事件であれば、本来は働いたことの証明責任は労働者側が負っているが、ある程度の証拠が出されれば逆に企業側が働いていないことを証明できない限り敗訴する危険性は極めて高くなる。パソコンのログや最寄り駅をSuicaなどで通過した時間などの記録は特に意識しないでも残っている記録であるし、本人のメモなどもあわせると、よほどきちんと反論できないとなかなか企業側からの反論は認めてもらえないのが実情である。

 解雇の事件でも、民法上は普通解雇は自由にできるのが原則であり、例外的に解雇権濫用と評価できる場合に解雇は無効になる、という立て付けであるにもかかわらず、実際は使用者側で解雇が正当であることを証明できないと解雇は無効と評価される可能性が高い。

 

 これらの運用がおかしいのでは?という指摘を続けることは当然大切なことである。
ただ、他方で企業を守っていく中では、このような現実をふまえて対応を考えていかなければならない。

 会社を守っていく上では非常に大切な視点となってくる。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週のオススメ

 当事務所では毎週水曜日に「ホライズンのオススメ!」を更新しています。

【ホライズンのオススメ! №194】ホットマン
 >>> http://www.horizon-law.jp/news/hotman/

 今回は田代弁護士のオススメ、「Hotman(ホットマン)」のタオルです。このタオルの特徴は「1秒タオル」といわれる抜群の吸水性。気になる方はぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

4. 近況報告

 あっという間に1月も半分以上が終わってしまい愕然としている弁護士の高井です。皆様いかがお過ごしでしょうか?

 月曜日は成人の日ということで、振り袖姿の女性を結構見かけました。自分のときが大雪だったので、良い天気で良かったなぁとしみじみ思ったところです。

 ただ、なかなかおもしろかったのは、2022年4月1日から成人年齢は18歳に引き下げられるのに、成人式自体は20歳になったときに行うことを続けることにしている自治体がかなり多いという報道。

 まぁ18歳になった年の1月というと大学入試直前だったりしますので現実的にはそんなことしてる場合ではない、ということだと思うので、当然なのですが、そうだとすると、そもそも成人式とは?という話になるような気もしています。
 といったことを感じたところでした。

 というわけで今週はこのあたりで。
 今後ともよろしくお願いします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付