企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【労災認定基準にもパワハラ明記】ホライズンメールマガジン▼第183号 2019/12/20

▼第183号 ホライズンメールマガジン

----------労災認定基準にもパワハラ明記

2019/12/20

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

 

1.最新トピックオピニオン

2.今週のオススメ

3.近況報告

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 厚生労働省が、精神障害の労災認定基準に関し、認定の要件となる「業務による強い心理的負荷」にパワハラを明記する方向との報道がなされた。

 

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019121701020&g=soc

 

 うつ病などの精神疾患が労災か否かが問題となるケースについては、厚労省が平成23年にその認定基準を示しており、基本的にはその指針に従って労災に該当するか否かが判断されている。

 今回の報道は、その基準の中に「パワハラ」を明記するというもので、パワハラ防止法の成立等を踏まえた動きと連動しているといえるだろう。

 精神疾患についての労災申請は激増していることから、実際に基準の中に盛り込まれるのか否か、また、盛り込まれるとしてどのような形で盛り込まれるのかはやはり注視しておく必要がある。

 

 ただ、すでに現在の基準の中にもいわゆるパワハラの概念に含まれる内容は盛り込まれている点も前提として把握しておく必要がある。

 例えば達成困難なノルマが課された、といった事情や、ひどい嫌がらせを受けた、といった点は既に現在の基準にも考慮要素として掲げられている。

 

 今回の指針の改定で、これらまで考慮されていた要素について変更があるのか否か、あるとしてどのような変更がなされるのか、という視点で考えることが、パワハラを考える上でも一つ参考になってくる可能性がある。

 いずれにしても、これからの議論状況をきちんと注視しておく必要があるところである。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週のオススメ

 当事務所では毎週水曜日に「ホライズンのオススメ!」を更新しています。

【ホライズンのオススメ! №191】 リングフィット
 >>> http://www.horizon-law.jp/news/ring-fit-adventure/

 今回は八幡弁護士のおすすめ、ニンテンドースイッチで遊べるゲーム「リングフィットアドベンチャー」です。専用コントローラを装着することで遊びながらフィットネスができるゲームです。運動不足気味の方はぜひ。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

4. 近況報告

 いまだに12月23日が平日というのは違和感があって、明日から3連休じゃないの!?と愕然としている弁護士の高井です。皆様いかがお過ごしでしょうか?

 今週は事務所の忘年会がありまして、事務所のメンバーで盛り上がりました。

 銀座のお店だったので、事務所からタクシーで移動しようとしたのですが、忘年会シーズンということもあってか、なかなかタクシーが捕まりません。

 ようやくタクシーを止めて乗り込もうとしたところ、「おいおい、こっちが先じゃないの?」という声をかけてくる一団がありました。

 とりあえず優しく、「いや、こっちが先に待ってましたよ」と伝えて相手も納得してくれた・・・と思っていたのですが、お店に着いたあとで他のメンバーから、「あれ、高井先生じゃなかったらもっとめんどくさかったですね。」との発言が。

 うん、客観的に見ると平和的だったかは微妙だったのかもしれません。

 

 というわけで今週はこのあたりで。
 今後ともよろしくお願いします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付