企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【やりがい搾取?】ホライズンメールマガジン▼第157号 2019/06/14

▼第157号 ホライズンメールマガジン

----------やりがい搾取?

2019/06/14
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

 

1.最新トピックオピニオン

2.今週のオススメ

3.Horizon労働問題フォーラムのお知らせ

4.近況報告

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 阪急電鉄が社内に掲載した働き方に関する中吊り広告が、不愉快、等の批判を受けて予定より早く取りやめられた。

https://mainichi.jp/articles/20190610/k00/00m/040/238000c

 

「毎月50万円もらって毎日生きがいのない生活を送るか、30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、どっちがいいか。」
「私たちの目的は、お金を集めることじゃない。地球上で、いちばんたくさんのありがとうを集めることだ。」

 といった内容の広告が掲載されていたようで、給料よりやりがいを重視する内容に批判が集まったようである。

 

 従業員のマネジメントを考えていく中で、主体的に、意欲的に働いてくれる、ということは経営のパフォーマンスを考える上では非常に重要である。

 ただ、同時に気をつけなければならないのは、従業員のやりがいに軸足を置く労務管理を行っていると、とんでもないトラブルになってしまう危険性があるという点である。

 

 例えば、2008年に発売されて大ヒットした、「日本でいちばん大切にしたい会社」という本がある。この本の中では良い商品を作るために従業員が主体的に休日出勤をして製品開発をしている、といった会社が紹介されていた。

 法律的に考えれば、時間外労働・休日出勤に該当し、労基法違反に該当してしまう危険性がある。もっとも、本当に従業員が主体的に行っている場合にはそのような問題は顕在化しない。

 ただ、いったんトラブルが起きてしまった場合、従業員が労働基準監督署に申告したり残業代を請求したりといった形で企業はとんでもないトラブルに巻き込まれてしまう危険性がある。

 やはり法律の規制を意識して、トラブルが起きたときにも冷静に対応できるようにしておく必要はあるだろう。

 

 最近では、やりがい搾取、というのがブラック企業の代名詞のような様相を呈してきている。

 企業としては非常に慎重な労務官理が求められるところである。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週のオススメ

 当事務所では毎週水曜日に「ホライズンのオススメ!」を更新しています。

 

【ホライズンのオススメ! №164】 Judas Priest
 >>> http://www.horizon-law.jp/news/judas-priest/

 今回は坂東弁護士のオススメ、イングランド出身の世界的ヘヴィメタル・バンドJudas Priest(ジューダス・プリースト)をご紹介しています。なんと今年で結成50年だそうです。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. Horizon労働問題フォーラムのお知らせ

 事務所では『Horizon労働問題フォーラム』として、不定期のセミナーと定期的な勉強会を開催しています。ぜひご参加ください。

 

━━━━━━━━━━━
■ 労働問題セミナー
━━━━━━━━━━━
『問題社員に対応するために企業がやって良いこと 悪いこと』

◆日時:7月11日(木)15時~18時
◆会場:AP虎ノ門 11階
◆参加費:一般5,000円、早割 4,000円(6月23日23時59分までのお申込み)
弊所顧問先様は2名まで無料

詳細・お申込みはこちら
>>> https://www.door-kigyouhoumu.net/seminar/20190711

 

━━━━━━━━━━━
■ 労働問題勉強会2019
━━━━━━━━━━━
次回の勉強会は9月以降を予定しています。
詳細が決まりましたらお知らせいたします。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

4. 近況報告

 最近雨が多くて、やっぱり梅雨だなぁと感じる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?弁護士の高井です。

 

 さて、来年の4月に迫ってきたもの!と聞いてピンとくる方はなかなか法律にお詳しい方とお見受けされますが、来年4月から、民法の債権法の部分の改正法が施行されることになっています。

 かなりの大改正で契約のルールが変わる部分も多く、実務的にも影響が大きいのですが、当事務所でも改正民法の施行に向けて、弁護士全員で研究を進めております。
で、普通の事務所は、所内で勉強会をやりました!なんて程度で終わるわけですが、当事務所はそんな生やさしいことでは終わりません。なんと、テストを実施して徹底した特訓を行っているわけです。

 テストと言いますと例によって、いやー、全然勉強してな~い、とかいいながら高得点をたたき出す、感じの悪い奴も現れるわけでありまして、実際負けず嫌いの弁護士のことですので、みんなしっかり点数を取ってくるのはさすがだなぁと感心している次第です。

 

 というわけで今週はこのあたりで。
 今日はこのあと水戸でセミナーの講師を務めて参ります。
 今後ともよろしくお願いします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付