企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【退職代行が大流行?】ホライズンメールマガジン▼第115号 2018/07/27

▼第115号 ホライズンメールマガジン

----------退職代行が大流行?
2018/07/27
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週金曜日発行

■■■INDEX──────────────────────────────

 

1.最新トピックオピニオン

2.今週のオススメ

3.近況報告

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン


 退職の手続を代行する会社が結構利用されているらしい、という報道があった。

https://www.j-cast.com/2018/07/21334344.html?p=all

 

 このようなサービスが利用される背景としては、人手不足の折、退職したいと申し出てもなかなか辞めさせてもらえないといったケースが相当数あることが推察される。

 

 ただ、このサービス、弁護士の立場からは本当に大丈夫?と思う点が少なくとも二点ある。

 

 一点目は交渉をしない、ということが本当に可能なのだろうか?という点。有償で他人の代理人として業務を行うことは弁護士法で弁護士以外には禁止されている。したがって、このサービスで交渉を行ってしまうと弁護士法違反ということになってしまう。

 退職するにあたっては退職の時期や引継ぎのやり方、有給休暇の処理など、どうしても交渉が必要になるように思えるのだが、本当に交渉をしていない、といえるのか、個人的にはなかなか疑問である。

 

 二点目は、本人が行った意思表示として扱って良いのか?という問題がある。

 会社としてみれば本当に本人がその会社に依頼したのか?という点は確認のしようがない部分があるし、だからといって本人に直接連絡をとっていくとなると、辞めさせないようにするブラック企業だ、等と言われかねないリスクがある。

 たまにトラブルになる例としては、親がやってきて子どもが退職すると言っているからということで退職の手続をしたら、実際には子どもは退職する意思はない、と言い出したりする場合があったりする。同じようなトラブルが起きないとも限らず、なかなかやっかいな問題である。

 

 辞める権利は労働者にあるのは法律上明らかなので、会社としては仮にこのような会社からの通知があった場合には、本人の自筆の署名、押印のある退職届を提出してもらう、といった方法でトラブルを回避していくことが重要だろう。


※ LEGAL NEWS TOPICS(毎週月曜更新)
>>> http://www.horizon-law.jp/news/legal-news-topics-vol-120/
前の週の法律関連ニュースにコメントをつけてご紹介しています!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週のオススメ

 当事務所では毎週水曜日に「ホライズンのオススメ!」を更新しています。
 

【ホライズンのオススメ! №121】 オススメ漫画
 >>> http://www.horizon-law.jp/news/osusume-manga/

 今週は高井弁護士のオススメ漫画です。前回は近代史をテーマにした漫画をご紹介しましたが、今回は「マンガ家」を取り扱った2作品を紹介しています。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. 近況報告

 暑いと思ったら突然台風の話がでてきたりと、本当によくわからない天気が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

 私の方は試しにストレッチのお店に行ってみたら首の筋がおかしくなってしまいちょっとつらい状態が10日ほど続いております。小さい頃から身体が固いのがひょっとしたらなんとかなるかも!とか思っていましたが、なかなか厳しいようですw

 というわけで今週はこのあたりで。今後ともよろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7周年セミナー「労働法務の最前線」レジュメプレゼント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日開催しました弊事務所の7周年記念セミナー「労働法務の最前線」のレジュメをメルマガ登録をいただいている方限定でお送りします!
ご希望の方は、当事務メールアドレスまでタイトルを「7/27レジュメプレゼント」としてお送りください。本文は空メールでも結構ですし、メルマガの感想などひとこといただければより感謝です。お手数ですが、メルマガにご登録いただいているメールアドレスでご応募ください。

【セミナーの内容】
第1部 労働法改正の概要(講師:坂東)
第2部 労働法の視点からみる債権法改正(講師:高井)
第3部 女性が輝く!職場環境創造プロジェクト(講師:荒井)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付