企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

【社内監視とパワハラ】ホライズンメールマガジン▼第106号 2018/05/25

▼第106号 ホライズンメールマガジン

----------社内監視とパワハラ
2018/05/25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎週金曜日発行

 

■■■INDEX──────────────────────────────

 

1.最新トピックオピニオン

2.今週のオススメ

3.近況報告

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1.最新トピックオピニオン

 ニュースサイトを見ていたら、分刻みの監視はパワハラ?という記事を発見した。

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/anatoku/article/415872/


 なかなか興味深いテーマである。

 この記事によれば、その従業員についてはトイレの回数や時間まで監視されていたという。そのことだけを聞くと、やり過ぎじゃないか?というようにも思える。
ただ、他方で就労態度に問題がある社員がいた場合に、しっかりと管理を行わないと、そのリスクは会社が背負うことになりかねない。

 

 例えば、勤務時間後にパソコンでゲームに興じていたりして仕事をしていなかった従業員から残業代が請求された事案で、裁判所は、原告が勤務時間後も会社内に詰めていたときでも、パソコンゲームに熱中したり、あるいは事務所を離れて仕事についていなかった時間が相当あることが窺われる、と認めながら、時間管理者を選任して、その人が時計を片手に各従業員の毎日の残業状況をチェックさせ、記録化する等しなければタイムカードの時間で労働時間が認定されると判断している。

 

 結局のところ、会社には時間管理の義務がある以上、従業員を監視するような体制が作られてもある程度は許容されるといえる。

 もちろん、それが行きすぎればパワハラとの評価を受ける危険性も当然あるが、少なくとも現状の労働時間規制を前提とする限り、かなり広い裁量が会社にはあると言えるだろう。

 

※ LEGAL NEWS TOPICS(毎週月曜更新)
>>> http://www.horizon-law.jp/news/legal-news-topics-vol-111/
前の週の法律関連ニュースにコメントをつけてご紹介しています!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2. 今週のオススメ

【ホライズンのオススメ! №112】 グランドダージリン 新橋店
 >>> http://www.horizon-law.jp/news/grand-darjeeling/

今週は八幡弁護士オススメの本格インドカレーのお店「グランドダージリン 新橋店」です。カレーはもちろんですが、このお店のおすすめポイントはほんのり甘くて香ばしい特大のナン。ナンはおかわり自由なので、おなかいっぱい食べたいという方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

※ 最新の更新情報は当事務所のFacebookページでもお知らせしています。
ぜひ「いいね!」をお願いします。
 >>> https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3. 近況報告

 今朝目が覚めたところ、あれ?喉が痛い?ということで、どうやら風邪を引いてしまった感のある高井です。

 元々割と喉は強い方だったのですが、先月は勉強会の前に声が出なくなりかけたりとあまり調子が良くないようです。とりあえずいたわっていきたいと思います。

 

 さて、昨日号外でご案内もさせていただきましたが、7月12日に当事務所の7周年記念と言うことで、労働問題セミナーを開催することになりました。私の方は2020年4月から施行される新しい民法と労働問題と言うことでお話しさせていただきます。

 荒井は女性の働き方、坂東は法改正についてお話しさせていただきます。
 ちなみに坂東は働き方改革法案がちゃんと成立するのか、気が気では無い様子です。
 ぜひこちらもご参加ください。

 >>>お申し込みはこちら https://www.door-kigyouhoumu.net/seminar/20180712

というわけで今週はこのあたりで。
今後ともよろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■社労研勉強会で荒井弁護士が講師を務めました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 5月22日(火)、荒井弁護士が社労研勉強会で講師をつとめ、「顧問先の事例から学ぶ! 企業におけるハラスメント」をテーマにお話しをさせていただきました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

詳細や当日の様子はこちら
https://www.door-kigyouhoumu.net/seminar/20180522

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご友人などへの転送はご自由にどうぞ!
ただし著作権は当事務所に帰属しますのでその点はご注意を!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バックナンバーはこちら
http://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine

───────────────────────────────────

■ 発行元:ホライズンパートナーズ法律事務所

【事務所公式】
http://www.horizon-law.jp/
【Facebook】
https://www.facebook.com/HorizonLawOffice/
【スタートライン人事労務】
http://www.roumu-startline.net/
【企業法務の扉】
http://www.door-kigyouhoumu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付