企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分
虎ノ門ヒルズ駅 徒歩7分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

東京社会保険労務士協同組合様 実務研修
精神疾患のケースで労災を主張された場合の対応」

 令和元年11月12日(火)、東京社会保険労務士協同組合様主催の実務研修「精神疾患のケースで労災を主張された場合の対応」において、弁護士荒井が講師を務めました。

 従業員がメンタル不調を訴えたケースの中で、ハラスメントや長時間労働を原因とする労災であると主張されたケースについて、どのように対応すべきかを解説しました。

概要

東京社会保険労務士協同組合様主催 実務研修

テーマ:「精神疾患のケースで労災を主張された場合の対応」

日程:令和元年11月12日(火)13:30~16:30

会場:東京都社会保険労務士会 研修室ABC

内容

  1. 精神疾患を理由とした労災申請増加の背景(長時間労働・ハラスメント問題等)
  2. 精神疾患と労災認定基準
  3. 労災申請された場合でも、退職ないし解雇できるか
  4. 退職ないし解雇が争われた裁判例からみる留意点
  5. 企業対応として何ができるか

お問合せはこちら

ご要望に応じて企業での研修会、講演会での講師としても出張いたします。

(セミナー風景)

詳細についてはお気軽にお問合せください。

03-6206-1078

受付時間:平日 9時30分~20時00分

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付