企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分
虎ノ門ヒルズ駅 徒歩7分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

Horizon労働問題FORUM・事務所開設8周年セミナー
「問題社員に対応するために企業がやって良いこと悪いこと」

 7月11日(木)、AP虎ノ門において、Horizon労働問題FORUM・事務所開設8周年セミナー「問題社員に対応するために企業がやって良いこと悪いこと」を開催いたしました。

 第1部は高井弁護士が「法律という武器を使って問題社員トラブルから会社を守るための10ヶ条」をテーマに、問題社員対応のポイントをお伝えしました。

 第2部では様々な問題社員の事例を元に「問題を起こしてしまう社員に企業はどう対応すべきか」についてパネルディスカッションを行ないました。

 ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

参加者の声
  • 第一部の講義と第二部のパネルディスカッション形式のセミナーはとても良い組み合わせでとても勉強になった。
  • 法的に絶対におさえておくべきことが聞けて大変参考になった。
  • 法律の改正や制度の説明よりも興味深い内容でした。人と人の争いは答えが1つとは限らないので、色々な意見を聞けて今回のディスカッションはとても勉強になりました。
  • 1部・2部共に判りやすく、とくに第2部ではそれぞれの見解が自分の判断する際の気づき(ローパフォーマーとパワハラ表裏一体等)になりました。
内容

第1部 イントロダクション
「法律という武器を使って問題社員トラブルから会社を守るための10ヶ条」

講師:高井重憲

 

第2部 パネルディスカッション
「問題を起こしてしまう社員に企業はどう対応すべきか

コーディネーター:坂東利国
パネリスト:高井重憲、荒井里佳、田島直明

1 職場規律を乱す社員

事例1 飲酒癖
事例2 軽微な規律違反の繰り返し

2 制度の濫用が疑われる事例

事例3 私傷病休職制度

3 ハラスメント

事例4 セクハラ
事例5 パワハラ

4 ローパフォーマー

事例6 自己評価が高すぎてプライドの高い社員

お問合せはこちら

ご要望に応じて企業での研修会、講演会での講師としても出張いたします。

(セミナー風景)

詳細についてはお気軽にお問合せください。

03-6206-1078

受付時間:平日 9時30分~20時00分

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付