企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋2-17-2 HF虎ノ門ビルディング2階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩6分
内幸町関 徒歩6分
霞ヶ関駅 徒歩8分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-5425-7431

事業承継と遺言/同族会社の事業承継/閉鎖会社の事業承継

事業承継

会社のオーナー兼経営者にとって、後継者を誰にするべきかは非常に大きな問題です。後継者が早期に決まれば、残る課題は「いかにスムーズな事業承継を行うか」でしょう。
原則として、オーナー兼経営者が所有していた会社株式や事業用財産は、オーナー兼経営者の死亡により相続人の法定相続分にしたがって分割されます。しかし、これでは後継者に考えていた者に事業用財産が集中しない、株式が分散する、予想外の者が株式を取得し会社の支配権を掌握してしまうこともあり得ます。株式に一定の譲渡制限がある非公開会社の場合や、妻や息子にだけは会社を継がせたくない場合など、円滑な事業承継をあらかじめ準備すべきニーズは様々でしょう。
そこで、オーナー兼経営者は生前から会社財産や株式を後継者に集中させる準備をしておく必要があります。具体的には、議決権制限株式の発行、株式後継者への生前贈与、事業用財産や株式を相続させる内容の遺言を行うなどの方法があります。ここでは、事業を後継者に対して円滑に承継するための方策についてご紹介していきます。

テーマ
  • 事業承継と遺言
  • 同族会社の事業承継(準備中)
  • 閉鎖会社の事業承継(準備中)

お気軽にご相談ください

お電話でのご予約はこちら

03-5425-7431

受付時間:9:30~20:00(土日祝を除く)