企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋2-17-2 HF虎ノ門ビルディング2階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩6分
内幸町関 徒歩6分
霞ヶ関駅 徒歩8分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-5425-7431

№059 景品表示法の「有利誤認表示」とは?

2017/04/27

企業法務TOPICS №059

景品表示法の「有利誤認表示」とは?

 ご相談

 景表法の規制として、不当な表示が規制されていることはわかりました。不当な表示の一つにあたる、有利誤認表示というのはどういうものが該当しますか?

回答

 有利誤認というのは商品やサービスの価格その他の取引条件についての不当な表示とされています。

 具体的には、取引条件について、実際のものよりも取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認される表示が規制の対象となります。

 例えば、今月中に限り割引販売といった表示をしているのに、実際には通常の販売価格と変わらなかった、という場合です。

  また、取引条件について、競争事業者よりも取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認される表示も規制の対象となります。

 例えば、他社商品の2倍の量が入っていると表示しているが、実際は他社商品と同程度の内容量しかない場合などが規制の対象となります。

 いずれにしても広告の内容について精査が必要です。

ホライズンのメールマガジン(無料)

ホライズンパートナーズ法律事務所では週1回、メールマガジンを発行しています。当サイトの企業法務TOPICS更新情報のほか、企業法務等に関する近時のニュースや最新判例を弁護士の視点で解説します。ぜひご登録ください。

お気軽にお問合せください

03-5425-7431

受付時間:9:30~20:00(土日祝を除く)