企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋1-6-13 柏屋ビル9階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩3分
内幸町関 徒歩3分
霞ヶ関駅 徒歩4分
虎ノ門ヒルズ駅 徒歩7分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-6206-1078

▶ メールでのお問合せはこちら

消滅時効になっても、債権を回収する方法

 消滅時効期間が経過してしまうと、債権は一切回収できなくなるのでしょうか?

答えは「NO」です。

 消滅時効期間が経過すると債務者には債務の支払義務がなくなるわけですが、もし、債務者が消滅時効期間経過後に債務を支払ってきた場合には、その支払い受けた金銭を返還する必要はありません。

 なぜなら、消滅時効期間が経過したら当然に債務がなくなるわけではなく、債務者などの当事者が消滅時効を「援用」しなければ債務は消滅しませんので(民法145条)、消滅時効期間が経過した後でも債務者が消滅時効を援用しないで支払えば、それは有効な支払いだからです。

 また、消滅時効期間経過後に支払猶予の要請や一部弁済などの「承認」に当たる行為をした債務者は、信義則上(民法1条2項)、時効を援用することは許されず、支払いを拒むことはできないとする判例もあります。

 したがって、消滅時効期間が経過していても諦めずに、債務者から支払猶予願いを作成させたり、一部でも弁済させるなどの交渉を試みる価値はあります。

お気軽にご相談ください

お電話でのご予約はこちら

03-6206-1078

受付時間:9:30~20:00(土日祝を除く)

企業運営にかかわるニュースや事例を弁護士の視点から解説するメルマガです

バックナンバーをみる

Horizon
労働問題FORUM

定期的な小規模勉強会とセミナーを開催しています。

ホライズンパートナーズ法律事務所

03-6206-1078

平日9:30~20:00まで受付