企業の皆様の運営上の様々な法律問題について弁護士がサポートいたします。顧問弁護士をお探しなら、ホライズンパートナーズ法律事務所まで

契約書・労務問題・債権回収等の中小企業の法律相談はこちら
 東京の弁護士による企業法律相談  

港区西新橋2-17-2 HF虎ノ門ビルディング2階 ホライズンパートナーズ法律事務所



アクセス

 

新橋駅 徒歩8分
虎ノ門駅 徒歩6分
内幸町関 徒歩6分
霞ヶ関駅 徒歩8分

受付時間

平日 9:30~20:00

お気軽にお問合せください

03-5425-7431

顧問先インタビュー 株式会社メディアンズ様

顧問先インタビュー│株式会社メディアンズ 様

経営していく上でリスクマネジメントが非常に大切な時代です。ファミリーのような関係を築けている顧問弁護士がいることで非常に安心して経営ができています。

株式会社メディアンズ様の業務内容を教えてください。

塩田社長:神奈川県の相模原市に4店舗、厚木市に1店舗、茨城県の水戸市に1店舗を構えている調剤を主とする薬局です。本店と位置付けているアイ調剤薬局が総合病院、他はクリニックが主な処方元です。経営リスクを減らす観点からも、基本的に患者さんが多く、地域に浸透している医療機関が処方元で、いずれの店舗も患者さんが多く、順調に業績を上げています。

ホライズンパートナーズ法律事務所を選んだ理由を教えてください。

塩田社長:20年近く前、弊社とは関係ない案件で法律相談センターに伺い、弁護士を紹介頂いたことがありました。結局、法律的な問題には発展しませんでしたが、法律相談センターではこちらから弁護士を選ぶことができなく、そのことに不便を感じた事を覚えています。そしてその時の記憶から、6年ほど前に、弊社が法人として対応しないといけない案件が発生したとき、弁護士は企業のニーズや専門性によって得意不得意があると思い、担当してくれる弁護士は自分自身で選択したいと思いインターネットで検索し、坂東先生に出会ったことが今に繋がっています。

顧問を依頼することになったきっかけ、理由を教えてください。

塩田社長:最初は1時間ほどの相談にのって頂き、依頼をさせて頂きました。その案件は、非常に完璧なまでにご対応を頂き、とても信頼できる先生だと感じたので、案件が落ち着いた時に「顧問弁護士になってください」とお伝えし顧問契約をしていただきました。
少しでも疑問に感じることがあると、坂東先生にお電話をさせていただくのですが、弊社がどういう会社であり、私がどういう人物であるかをご存知なので、用件だけを言えば、的確に答えてもらえます。これが、法律相談センターでの相談にはない顧問弁護士の良さだと思います。坂東先生から一言アドバイスをいただくことで、安心して経営することができています。

顧問契約を結んで良かったと思うエピソードを教えてください。

塩田社長:弊社の相談は深刻なものはないのですが、私が覚えている中で一番弁護士が居て良かったと思うことは、ある雨が降っていた日に、薬局の玄関先で転んだ人がいらっしゃいました。その方は薬局に来られ、「薬局の前の床が雨で濡れていて、滑って腰を打ってしまった。医者へ行ってきたから治療費と慰謝料を出せ」と言われたことがありました。そのときに、すぐに坂東先生と連絡を取ることができ、坂東先生からは「それは薬局には責任はない。この敷地内の管理は薬局ではなくて大家さんになるので、苦情を言うのであれば大家さんに言うように」とアドバイスを受け、そのことをその人に伝えると、しぶしぶ何も言われずに帰っていかれたことがありました。

坂東弁護士:塩田社長からはこのようなちょっとした相談が比較的多いですね。電話で相談がきて、すぐに答えるという感じです。

普段、どのような依頼をされているか教えてください。

塩田社長:顧問契約を結ぶ根本的な目的は、何かあったときに相談できるということです。つまり、基本的に泥棒対策のための警備会社と同様で、何事も問題が起きないように頼りにできるのが弁護士の存在だと思っています。幸いにもこれまで、患者さんと薬に関連する医療事故や副作用による医療問題に関する対応がなかったため、そのような深刻な相談をしたことはありません。どちらかと言えば、日々の少し気になることを電話で気軽に相談してアドバイスを頂いている関係です。

坂東弁護士:実際、メディアンズさんは患者さんとの医療事故などの深刻なトラブルは全くない会社です。日々の相談は定期的に対応させて頂いていますが、具体的なこととなると思い出せない程度の本当に簡易な相談が多いと感じています。

塩田社長:従業員との契約違反やいっときを争うような深刻な相談をしたことは一度もないですね。本当に日常的な相談を電話で定期的にさせて頂いている関係です。

顧問契約をする前に想定していなかった顧問契約の効果を教えてください。

塩田社長:先ほど、店舗の玄関先で転倒された話に関しても、坂東先生に相談していなければ責任がないのに慰謝料を払っていたかもしれないですし、非常に気分的にもよくないですよね。そのようなときに、はっきりと「いえ、うちには責任はありません」と言いきれることは、やはり心強く感じます。

御社にとって、ホライズンパートナーズ法律事務所はどのような存在ですか。

塩田社長:他の弁護士を知らないので、比較はできません。ただ、私は坂東先生に大変お世話になっており、非常に満足しているため、ほかの弁護士がどうなのかと、考えたこともありません。また、坂東先生からは私だけでなく従業員からも相談しても良いと言って頂いており、社員には顧問弁護士と契約しているので、もし何かあれば一言言ってくれれば、直接電話して良いと言っており、非常にありがたく思っています。

最後に、顧問契約を検討している企業に向けてのメッセージをお願いします。

塩田社長:顧客が増えている企業様はいざというときのために、顧問弁護士がいた方が良いと思います。当社は警備会社を利用しているのですが、それは泥棒が来た時のハード面での対策で、顧問弁護士はトラブルが起きたときに、円滑に相談に乗って頂けるソフト面での対策だと思います。何かが起きてからでは遅い。事が起きてから相談するのではなく、何かをする前に「これは大丈夫ですか」と聞いておくと、後々大きなトラブルにならないと思っています。坂東先生からは日常の簡易な相談だけでなく、労働条件通知書のような書式などもすべて見て頂けると言って頂いています。顧問弁護士は日常の法律相談だけでなく、そのような契約書や規約の作成や見直しにもアドバイス頂けるので、ぜひ顧問弁護士の活用をお勧めしたいと思います。

インタビュー企業様ご紹介
会社名

株式会社メディアンズ

所在地相模原市南区相模台1-1-2
ホームページhttp://aiyakkyoku.wixsite.com/aicyouzai

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-5425-7431

受付時間:9:30~20:00(土日祝を除く)